レッツのふみだい

  • 講談社
3.88
  • (6)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 52
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062210652

作品紹介・あらすじ

ひこ・田中&ヨシタケシンスケの世界がオールカラーの新装版となって3か月連続刊行!

むかしむかし、ちょっと むかし、
レッツが まだ 年中さん、四つだった ときの はなし。
レッツは 五つだから、一年も まえだ。
そのころの レッツは、ふみだいに あがらないと
せんめんじょの かがみに かおが うつらなかった。
(本文より)

徹底して子どもの目線から描かれるひこ・田中さんの物語に、大人気の絵本作家、ヨシタケシンスケさんがイラストを描き下ろした「レッツ」シリーズ。ヨシタケさんが初めて子ども向けの書籍に取り組んだ記念碑ともいえる作品たちが、この夏、新装版となって刊行されます。

2巻目の「レッツのふみだい」で描かれているのは、4歳のレッツが、ふみだいにのると見える世界と、のらないと見える世界があるのにきづいてビックリ! ぜひ、お楽しみください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • みえるようになるものがあればみえなくなるものもある。身長の話だけどそれだけじゃなくて、大人になっていくときにもあることだよな〜。
    ヨシタケさんの絵はあいかわらずかわいらしい。

  • この本は、レッツのふみだいとの思い出が書かれています。のったり気づく事、のったら分からなくなる事、のったりおりたりして、レッツがいろんなことを観察しに行きます。

  • わざと小生意気に書いてる?きもい。

  • レッツシリーズ第2巻。
    ひこさんの紡ぎだすお子様の、なんと愛らしく面白いことか。
    そうそう、子どもって意外にドライなんだよねーでも純粋で。
    レッツくんの成長が楽しみになるわ。
    またね、ヨシタケさんの描くレッツが、ひこさんの文体にぴったりなのです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ひこ・田中 1953年、大阪府生まれ。同志社大学文学部卒業。1990年『お引越し』で第1回椋鳩十児童文学賞を受賞。97年『ごめん』で第44回産経児童出版文化賞JR賞を受賞。2017年「なりたて中学生」シリーズ(講談社)で、第57回児童文学者協会賞受賞。そのほかの作品に『ぼくは本を読んでいる。』(講談社)、「レッツ」シリーズ(そうえん社)、『大人のための児童文学講座』(徳間書店)、『ふしぎなふしぎな子どもの物語 なぜ成長を描かなくなったのか?』(光文社新書)など。『児童文学書評』主宰。

「2020年 『ネバーウェディングストーリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひこ・田中の作品

ツイートする
×