レッツがおつかい

  • 講談社
3.62
  • (4)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 62
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062210669

作品紹介・あらすじ

ひこ・田中&ヨシタケシンスケの世界がオールカラーの新装版となって3か月連続刊行!
シリーズ3巻目の「レッツがおつかい」には、初回限定特典として「レッツシール」を封入!!

レッツは 五さい。
とうさんと かあさんと テレビを 見ていた。
「あんなに、小さいのに、えらいねえ」
かあさんが 言った。
「いっしょうけんめいなのが、かわいいね」
とうさんが 言った。
テレビには 年少さんみたいな 子どもが 二人 いた。
黄色いのと 赤いの。
黄色いのが クリーニングやで ふくを わたしていた。
(本文より)

徹底して子どもの目線から描かれるひこ・田中さんの物語に、大人気の絵本作家、ヨシタケシンスケさんがイラストを描き下ろした「レッツ」シリーズ。ヨシタケさんが初めて子ども向けの書籍に取り組んだ記念碑ともいえる作品たちが、この夏、新装版となって刊行されます。

3巻目の「レッツがおつかい」で描かれているのは、5歳のレッツが、ちっちゃな子がおつかいしているテレビをみて、じぶんだってひとりでおつかいくらいできると、ないしょでおでかけするお話。ぜひ、お楽しみください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • レッツくんのおつかい。
    大人目線での良かれと思うことも子ども目線だとそうではないかも。子どもからの見え方を感じられて良い。

  • この本は、レッツがはじめておつかいに出る話で、と中にいろんな物や生き物に出会うことになり、おもしろいお話です。

  • 子ども目線!

  • わざと小生意気に書いてる?きもい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ひこ・田中 1953年、大阪府生まれ。同志社大学文学部卒業。1990年『お引越し』で第1回椋鳩十児童文学賞を受賞。97年『ごめん』で第44回産経児童出版文化賞JR賞を受賞。2017年「なりたて中学生」シリーズ(講談社)で、第57回児童文学者協会賞受賞。そのほかの作品に『ぼくは本を読んでいる。』(講談社)、「レッツ」シリーズ(そうえん社)、『大人のための児童文学講座』(徳間書店)、『ふしぎなふしぎな子どもの物語 なぜ成長を描かなくなったのか?』(光文社新書)など。『児童文学書評』主宰。

「2020年 『ネバーウェディングストーリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひこ・田中の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンス...
ヨシタケ シンス...
かがくい ひろし
tupera t...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンス...
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
ひこ・田中
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×