大坂オナラ草紙

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062210799

作品紹介・あらすじ

平太は大阪で暮らす小学五年生。特技は絵を描くことだが、転校前に描いた似顔絵で友達を傷つけ、もう人は描かないと決めていた。
 ある日、平太はおじいちゃんの古文書を見ているうちに、江戸時代へタイムスリップし、同い年の少女・お篤と出会う。泥棒の疑いをかけられたお篤を救うために平太が描いた人相書きが評判になるが、食べすぎたおいものせいでオナラをしたとたん、現代に戻ってしまった。その後も平太は時空を行き来し、現代では学級新聞コンテストへの挑戦が決まり、江戸時代ではかわら版屋の絵師として雇われて、「象さま行列」の絵を描くことになる。過去との出会いにより、現在と未来の自分達についても考えるようになる平太。古文書、瓦版と新聞、人相書きと似顔絵・・・・・・今も昔も「書き記すこと」によって時間や距離を超えて繋がっていく人と人との絆を描く、人情溢れるエンターテイメント小説。確かな構成と文章力で「もしこの新人賞がエンターテイメントの賞だったらこの作品が優勝でした」と選考委員から絶賛された作品です。

目次

1,タネもしかけもないノート
2,オナラで御免!
3,新聞係はバラバラ
4,盗人と人相書き
5,学級新聞コンテスト
6,象様のお通り
7,打倒、五年一組!
8,笑顔が見たくて
9,百年後の未来へ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 江戸時代の大阪にタイムスリップするユーモアあふれる一冊です。絵本ではないので、小学生の方におすすめです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

兵庫県尼崎市在住。神戸女学院大学文学部卒業。
「99のなみだ」「最後の一日」「99のありがとう」シリーズや『大空では毎日、奇蹟が起きている。』などの短編小説集に参加。共著に短編画集『鳥と猫と君とボク』。第四十四回創作ラジオドラマ大賞佳作入選。NHKラジオ『FMシアター』にて受賞作「父が還る日」を放送。
二〇一〇年よりFM尼崎『8時だヨ!神さま仏さま』のアシスタントを務める。
2017年『大坂オナラ草紙』で講談社児童文学新人賞佳作受賞。2020年『泣き虫マジシャンの夢をかなえる11の物語』『教えて、釈先生!子どものための仏教入門』(釈徹宗氏と共著)など。

「2021年 『私立五芒高校 恋する幽霊部員たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

谷口雅美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堀直子
戸森 しるこ
小手鞠 るい
ヨシタケシンス...
安田 夏菜
富安 陽子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×