ロッキーリッジの小さな家 (新大草原の小さな家 1)

  • 講談社
3.56
  • (4)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062522519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ローラの娘ローズの自伝的物語かと思ったら、養子の創作だったんだ。少しがっかり。子どもの頃大好きだった大草原…またあの時代を感じたくなった。

  •  前半はローズを主人公とする『わが家への道―ローラの旅日記』と時を同じくした物語版。ローラの旅日記と同じことも出てくるし,同じ場面がもっと詳しく書かれていたり,ローズ視点の異なるエピソードがあったり。
     後半は農場を手に入れ最初の冬を迎える準備ができるまで。農場はローラによってロッキーリッジと名付けられ,近所の人たちとも知り合いになる。
     ローラ・インガルス・ワイルダー作の小さな家シリーズと比べると文調が異なり,自然描写が今ひとつ詩的でない気がするし,服や食べ物の描写も乏しく物足りない気がする。ローラシリーズを全冊通して20回は読んでいる私には別のシリーズだという感じは否めないが,別のシリーズだと思って読めば問題ない。開拓少女として育ったローラが母となり,その後をどうやって過ごしたかがわかって興味深い。

  • 目線がローラから娘のローズに移ってから最初の本。
    内容としてはローラの日記をまとめた『わが家への道』とかなり被る。
    とはいえ、目線が娘に移っただけでも相当印象が違うんだな、と思った。
    『わが家への道』と内容が重複してしまっているということを考えると
    本格的にローズの物語として動き出すのは次の巻からかな、という気がする。

  • n.

  • 大草原の小さな家の主人公、ローラの娘、ローズの話。
    この巻は故郷のサウスダコタから、ミズーリへ向かうまでの話です。

全6件中 1 - 6件を表示

ロジャー・リーマクブライドの作品

ツイートする
×