あかちゃんのためのえほ (11) いいおかお(いただきます)

  • 講談社
3.50
  • (3)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062527132

作品紹介・あらすじ

赤ちゃんがはじめて出会うあいさつの絵本。
「いただきます」は、どんなときに言うのかな?いもとようこの描くかわいい動物たちが、大好きなたべものを目の前にして、表情豊かにごあいさつします。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1歳7ヶ月の娘へ。
    眠くなると引っ張り出してくる絵本。
    毎回ニコニコみてくれます。

  • これもわかりやすいので読みやすい。絵も可愛いらしいのですんなりはいる。

  • あかちゃんのためのえほん-11。 C8781
    深読みするとシュール
    蔵書

  • ツルツル加工で口に入れても安心、て感じ(^^)
    絵のタッチも優しいし、シリーズで揃えてもいいかなぁ・・・

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、グラフィック賞を3年連続受賞。作品に『いとしの犬 ハチ』(講談社)、『花のかみかざり』(岩崎書店)、『スーフと白い馬』『あいうえおのえほん』(金の星社)、『ほたるとばらの花』(ひかりのくに)など多数。

「2021年 『くっくのおてつだい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いもとようこの作品

ツイートする
×