どうよう(ぞうさん) (あかちゃんのための絵本)

  • 講談社
3.69
  • (3)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062527163

作品紹介・あらすじ

赤ちゃんがはじめて出会うどうようの絵本。
「これなあに」「いないいないばあ」を卒業した赤ちゃんと、お母さんの交流を“うた”で深めます。誰もがよく知っている短い童謡を中心にした楽しい構成です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館。童謡の1番のみが見開きの絵とともに。やさしくて、かわいい本。娘を膝にのせて歌う。娘も体をフリフリ、歌にも参加。穏やかな時間をもらった。1歳11ヶ月。2017/5/2

  • あかちゃんのためのえほん-16。C8781

  • 市のブックスタートサービスにていただく
    おなじみの童謡、1番のみ

    <3ヶ月ちょい>
    ぞうさんときんぎょのページが好き(しかし母はきんぎょの歌を知らない)
    手足をばたばたさせて喜ぶ
    他も、歌を聞くのは楽しい様子
    以降、ぞうさんを歌うと目を見てにこにこ、いつでもにこにこ!

    7/24
    <1歳と1ヶ月半>
    最近のお気に入り
    めくりたいので持っていてほしい
    ページが変わる度、その歌を歌う
    ページが戻ったらさっきの続きから
    母の記憶力と応用力が鍛えられます

  • 親しみのある童謡
    歌詞と楽譜
    一緒に歌って遊ぼ。

  • 『あかちゃんのためのえほん』シリーズ第6集です。3巻ともまんちゃんの大のお気に入り♪れいこが小さいときに購入し、とっても気に入っていた本でもあります。この本は動物シリーズ。『ぞうさん』はじめ、動物がテーマになっている童謡が集めてあります。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

兵庫県生まれ。ボローニャ国際児童図書展エルバ賞、グラフィック賞を3年連続受賞。作品に『いとしの犬 ハチ』(講談社)、『花のかみかざり』(岩崎書店)、『スーフと白い馬』『あいうえおのえほん』(金の星社)、『ほたるとばらの花』(ひかりのくに)など多数。

「2021年 『くっくのおてつだい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いもとようこの作品

ツイートする
×