あらしのよるに ちいさな絵童話 りとる

  • 講談社 (1994年10月20日発売)
3.99
  • (179)
  • (75)
  • (169)
  • (5)
  • (1)
  • 786人登録
  • 129レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062528528

あらしのよるに ちいさな絵童話 りとるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不思議なはなし
    次の話を読んでみたい

  • 嵐の夜、あまやどりに来たヤギとオオカミ。真っ暗でお互いは見えず、お互い相手が仲間だと思っている。

    大人が読んでもドキドキ。
    ちょっと長めで絵がないので、小学校中学年から。

  • ごうごうとたたきつける雨の夜、ヤギとオオカミがこわれかけた
    ちいさな小屋にもぐりこみます。暗闇の中、互いに相手が誰なのか
    分からないまま会話ははずみます。最後はどうなってしまうのか、
    もしも素性がばれてしまったら…と一気に読み進めてしまう本です。
    ひとつの部屋でヤギとオオカミが楽しそうに会話をする様子は、
    ドキドキしながらも、愉快で思わず笑ってしまいます。
    お天気のほうは、おしまいには嵐もやみ雲のきれまに星も出てきたようです。

  • 映画で先に見て、何度もビデオも見たけれど、
    絵本で読んでも親子でジーンとした絵本シリーズ

    今までは私の図書カードで、息子の本も借りていたのですが、
    2009/2/2 息子6歳、入学記念に
    図書館で息子用のカードを作り、また借りてきた本です。
    図書館でも何度も自分で読んでいて、
    この本のお陰で、息子も図書館が好きになってくれたようなもの。

    あらしの夜、真っ暗な小屋で出会った二人
    暗闇が怖いこと等の共通点を見つけ会話が盛り上がり、
    翌日に会う約束をしてみたら・・・
    なんと片方は羊、もういっぽうは・・・おおかみだったのです。
    しかし、羊とおうかみは天敵の壁を越えて、必死に友達になろうと努力します。

    友達になるために、努力をして来た我が息子が
    「ともだち」という言葉をとても大切にしています。
    気になる「ともだち」がいる幼児ちゃんには興味を持って貰えるかも♪

  • 話の展開にドキドキします。
    小学校の図書館の先生に読んでもらった時のドキドキが今でも忘れられません。

  • イキチガイものはうずうずして苦手なのだけど、これは平気。

  • おもしろい!

  • 知らぬが仏と思うのは、こどもでないからかな。終わり方が、怖いような、そうでないような。
    2016/1/9

  • お兄ちゃんがおじいちゃんに買ってもらった本。
    前からあったけど、私が読んだのは今回が初めて。
    姿が見えていたら、食べられていたかもしれないのに、見えないのと鼻が詰まってたから、友情が芽生えてくる。
    二人の話がアンジャッシュのコントのようで面白い。
    気に入りました。

  • 嵐。という非日常的な状況が奇跡的な出逢いをもたらす。随所に想像に想像を膨らませてくれる場面があります。まさか、ヤギとオオカミが!

全129件中 1 - 10件を表示

あらしのよるに ちいさな絵童話 りとるのその他の作品

木村裕一の作品

あらしのよるに ちいさな絵童話 りとるに関連するまとめ

あらしのよるに ちいさな絵童話 りとるを本棚に登録しているひと

ツイートする