栗本薫の里見八犬伝 (シリーズ・古典8)

著者 :
  • 講談社
3.29
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062545587

作品紹介・あらすじ

第一線で活躍する作家が手がけた古典現代語訳の決定版シリーズ!読みつがれてきた魅力。あなたのそばに古典を。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 此方は、子ども向けとは別ヴァージョン?

    https://booklog.jp/users/nyancomaru/archives/1/4062827719

    『栗本薫の里見八犬伝』(栗本 薫)|講談社BOOK倶楽部
    https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000191797

  • すっごく面白かった!!!
    「"伏"を読む前に!」
    と思って手に取った 作品だったが
    本当に手にとってよかったと思っている。

    最初の伏姫の物語は有り得ないことの連続に圧倒されながらあっという間に終わってしまった。
    その後始まる八犬士の物語は偶然のような
    必然の出来事が積み重なり綴られていく…。

    全て書いてあると思っていたら書いてなかった…!それが残念でした。
    なのでサラッと導入部だけ読みたい人にはおすすめかも…。でもしっかり読みたい人にはおすすめしないです。

  • 昔、ひたすらワクワク読んだな〜
    房八一家のいろいろは何回読んでも
    そんなんあるかい!と笑うけど…

  • 先日馬琴が主人公の舞台を見て、人形劇でしか見てないので、一度読んでみようと思ったが、いきなりの古典は大変なので、まずは抄訳版と思って読んでみた。良かったんだけど、話がホンの出だししかカバーしてないんだ。続きが欲しかった・・・ しかし、懐かしいわ、新八犬伝が。

  •   『南総里見八犬伝』は江戸時代に曲亭馬琴が失明しながらも28年かかって書き上げた大作です。巻数は第9輯、冊数は71冊(ふつう5冊から7冊で1巻となり発売されます)にも及びます。この本では前半は原作通り訳され、後半は"そののちのあらすじ"という形でまとめられています。

      古文が苦手な為、現代語訳された古典文学ですらなかなか読む気になれなかった私がこの本を手にした理由はやはりこれが栗本さんの編訳によるものだからです。読んでみると昔の話なのに全然古臭くないし、ありきたりでもない。それどころか面白かったです。そしてこの本には物語の面白さだけではなく、勧善懲悪の教訓もありました。

      登場人物は、脇キャラである小文吾の妹婿である房八がお気に入りです。最初は嫌いだったんだけど、途中から一転。彼の優しさがとても深くて驚きました。八犬士は八犬士で個性豊かで好きだったし、運命に導かれた数々の巡り合わせには惹かれるものがありました。ただそれでも多少物語がだらだらしていると感じることもありました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

東京都生まれ。早大卒。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞受賞。中島梓の筆名で群像新人賞受賞。『魔界水滸伝』『グイン・サーガ』等著書多数。ミュージカルの脚本・演出等、各方面でも活躍。

「2019年 『キャバレー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗本薫の作品

ツイートする
×