クシアラータの覇王〈1〉赤い砂漠の妖姫 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.44
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062550147

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シヴァが良いですね!
    お父様との思い出に苦悩する姿もなかなか良かったですが、最終的には国とか民とかどうでも良いというかあなたのためになるなら世界だって滅んでしまえば良いという結論に至るとは。王としては最低というか人としても最低の部類に分類されるけれど素敵すぎる。なのでどうせなら王位を捨ててほしかったなとも思ったり。そこまで言ったんだからどうでも良いものなんて全て捨ててしまえば良かったのに。まぁサラ以外どうでも良いと思いながら外面だけで王様やっているってのもそれはそれで美味しいですが!

    対するラディ様はなんというかね、もうね、大好きです(ええー)。イケメンなのにちょいちょいおちゃめ、そして最終的にはお気に入りに逃げられるって見事に当て馬じゃないですか。せめてクシアラータくらいは手に入れてほしいぜ…!

    主人公のサラ姫は復讐に燃えている時の方が好きです。シヴァを殺せなくてもクシアラータを滅ぼすくらいのことはやってほしかったというかこれからやってほしい。シヴァ本人が国とかどうでも良いって言ってるんだからサクッと滅ぼしてラディにくれてやれよ。10年間お世話になったお礼として。

    続刊があると後書きにもあったので続くのでしょうが、最終的にはラディがクシアラータを手に入れてサラとシヴァはどこかで二人で生きていればいいよと思いました。どんだけ人間側に興味ないんだ私。

  • このシリーズのラストはすごかったな…と。

  • 所々、力を抜いてくれるギャグがあるので好きなシリーズでした。
    魔王様幸せになって欲しかったなー。

  • 学生の頃読んでたシリーズ。
    覇王がかなりクールだったっけ?

  • 全10巻+外伝。(同じ世界で作中に登場する魔族、沢影月を主人公にしたシリーズ『破界伝』もあり)
    砂漠に囲まれた人の王国。その裏側にはかつて栄えた魔族の都があった。登場人物たちがみんな愛しくなるシリーズです。

  • 筆者も書いてるけど、主人公が殺人鬼のお話。まぁ、そうなるまでにはいろいろあるんですけどね。いや、彼女は正確には主人公じゃなかったんだった…シヴァ、影薄いから。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

代表作につばさ文庫「わがままファッション GIRLS MODE」シリーズなど

「2021年 『星のカービィ デデデ大王の脱走大作戦!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高瀬美恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×