ヘルメ・ハイネの水晶の塔〈下〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062550260

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 上下巻読了。
    シリーズ通してのネタバレ注意。

    う、うぅ〜ん……。
    難解な、というか、抽象的な作品だった。

    この作家さんは非常に詩的で美しい表現をされる方で大好きなのだが、本作はとりわけその魅力が現実的な環境と幻想的な状況それぞれで楽しめる。
    ファンタジー好きな私にとっては、いわゆるファンタジーが始まる前の「現実パート」が邪魔に感じられることもあるのだが、本作は現実パート自体がもうファンタジー。
    世界中の孤児が集まる「夏の国」、メアリー・ポピンズ・ライセンス、心にしたがう箒…。
    それは舞台となる世界自体が現実とは異なるからで、それゆえに導入から早速楽しかった。
    ……のだが、そのため「現実ではない世界の中に、舞台となる不思議な街があり、そこにもっと神秘的な塔があって、そこからさらなる幻想的世界に踏み入れる」という複雑な多層構造になってしまっており、ガチ幻想的世界に入ってからは、現実との乖離が進みすぎて正直なところ何が何やら。
    骨子となるイメージは反復され続けているので、私の読解力不足なのかもしれないが…。
    さらに、内容を文章化されているままに読むと、主人公とヒロイン(またはヒーロー)に該当するはずのキャラクターが、ふたりともえらい悲惨な結末を迎えている。
    そしてそのことに何の意味が、または因果があったのかも、一読では腑に落ちなかった。

    ただ、なぜか泣ける作品ではあった。
    それは不思議な幻想世界の中に、主人公の人生の悲哀が巧みに象徴されていたからか。
    が、それでもやはり「よくわからない」という感想が先に立ってしまった。
    これはどういう物語だったのかと聞かれて、悪い意味で説明できない感じ。

    作者は、後書きにて、作中のとあるキャラクターをさして「理想」と言っていた。
    主人公がああなって、その理想キャラがああなるというのも含めて、読者と作者の感情移入先のズレをいささか感じる読書体験だった。

  • ★感想は上巻分にまとめました。
    https://booklog.jp/users/kotanirico/archives/1/4062550156

  • 以前古本屋でこちらは見かけました。上巻がなくてあきらめたけど。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京大学理学部を経て人文系大学院比較文学比較文化修了。
神話を含む、トールキンから現代作家にいたるファンタジー文学の研究・翻訳を仕事としながら、
『エマヌエルの書』『無条件の愛』『幸福学のすすめ』など精神世界の紹介にも携わる。
近著に『ファンタジーを読む─『指輪物語』『ハリー・ポッター』
そしてネオ・ファンタジーへ─』、
歌集に『クラウド』、訳書に『パリンプセスト』など多数。
白百合女子大学教授。

「2020年 『上方への落下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井辻朱美の作品

ヘルメ・ハイネの水晶の塔〈下〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×