風の海 迷宮の岸〈上〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 講談社
3.87
  • (865)
  • (538)
  • (1145)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 4870
レビュー : 291
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551144

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作の主役の陽子は出てきません。
    陽子よりも前の時代で、主役は戴国の麒麟の「泰麒」

    大きな蝕で麒麟の泰果が「蓬莱」に流されてしまい
    胎果となり、10年後にやっと発見された泰麒。(黒麒麟)

    この世界観が練りこまれていて面白いです。
    女仙並みに麒麟が好きな私にはたまらない巻です。

    まだ幼い麒麟の泰麒がこれからどうやって王を選ぶのか
    そしてどうして失われてしまうのか気になります。

    幼い泰麒の孤独をなんとかして救ってあげたいと思うし
    景麒とのやり取りもなかなか素敵です。
    続きがますます楽しみです♪

    「魔性の子」も見たほうがいいようなので
    今から「魔性の子」を予約しつつ、並行して読みます。

    放送されていたことは知ってはいたけど
    アニメを見なかったことが悔やまれる!

  • 前作に引き続き、蓬莱(日本)出身の主人公。
    前作は国王だったが、今作は戴国の麒麟、泰麒。
    往々にして金色の鬣を持つ麒麟にしては珍しく、彼は鋼色の鬣を持つ黒麒麟だった。
    本来、麒麟は蓬山に育つ。
    必要な素養はその時期に自然と身に着くものだけれど、泰麒は蓬莱で人として育てられたため、自覚が一切ない。
    幼いながら聡い泰麒は、蓬山に住む女仙たちが惜しみない愛情を注いでくれていることに後ろめたさすら感じてしまう。
    そんな健気な泰麒がいじらしくて、女仙たちが可愛がる気持ちがすごく解る。
    これも何度目の再読かわからないぐらい読み込んでいて、先行きもわかっているけれど、読み終わるとすぐに下巻に手を伸ばしてしまう不思議。

  •  十二国記シリーズ2作目は前作の『月の影 影の海』から少し前の時代の物語。前作の主人公・陽子と同じく、十二国の世界で生まれるはずが日本で生を受けてしまった戴国の麒麟・泰麒が主人公となる。

     無事連れ戻された泰麒であったが本人に麒麟であるという自覚はなく、姿を変化させたり、使い魔(使令)を従えるといった、麒麟なら当たり前にできることができない。女怪や女仙に世話をされながら何不自由なく暮らす泰麒だが、戴国の王を選ぶという運命を前にして、果たして正しく選ぶことができるのかと大きな不安を抱えていた。そんななか泰麒は、彼こそ次代の王と目される男、驍宋に出会うのだった。

     前作の陽子よりもさらに幼い泰麒が自らの責任に向かい合う様は、読んでいてつらくもあり同時に勇気づけられる。

     先日発表された最新作『白銀の墟 玄の月』の表紙には成長した泰麒の姿が描かれていた。ここから長く続くであろう泰麒の物語の始まりとして心躍るものだった。

  • 景麒の不器用な優しさが見られて驚いた(笑)
    景麒があんなに優しく接することが出来るなんて…。
    陽子にも、もう少し泰麒と接する時みたいにしてあげてくれ(苦笑)
    まあ泰麒が可愛すぎるから、景麒も絆されたのだけども。
    泰麒ほんと可愛い。
    泣いた泰麒を抱きしめて慰めてあげる景麒に萌えた。
    一番歳の近い麒麟だから、兄弟感が強い気がする。
    兄弟愛好きだから堪らない〜!

    泰麒、転変出来ないけど、王を選ぶまでに出来る様になるのかな?
    使令もまだ一匹もいないけれど、使える前には必要だよな…?

    黒麒麟って、どんな意味があるんだろ?
    普通の麒麟との違いが何かあるのかな?
    蓬萊育ちだと黒麒麟になるのかな?

  • 泰麒けなげ。ひたすらかわいい。この厚みなら腕が痛くならなくてすみます。下巻に向けて少しずつ麒麟ぽく。景麒の不器用ながら優しい面が見られるのも良し。大掃除放り出してひたすら読んでる。

  • 十二国の世界観がよくわかる1冊。
    麒麟とは、使令とは・・・?
    突然異界に引っ張り込まれて「麒麟」と
    呼ばれる泰麒の困惑ぶりに同調してしまう。

  • 再読。

    泰麒が可愛い(。-_-。)
    可愛すぎる(。-_-。)

  • 一作目のような次か気になる!という展開はないものの
    二作目なのであーケイキだ、とか麒麟とはみたいなものが見えてきて面白い
    下巻は王を決めるのかな楽しみ

  • 泰麒の物語。前半。

  • 読了。

著者プロフィール

小野 不由美(おの ふゆみ)
1960年生まれ、大分県中津市出身の小説家。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。夫は推理作家の綾辻行人。
1988年、『バースデイ・イブは眠れない』でデビュー。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。代表作にテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』、『屍鬼』など。

小野不由美の作品

ツイートする