東の海神 西の滄海 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 講談社
3.99
  • (1087)
  • (520)
  • (1089)
  • (11)
  • (3)
本棚登録 : 5065
レビュー : 346
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551687

作品紹介・あらすじ

「国がほしいか。ならば、一国をお前にやる」これが、雁州国延王・尚隆と、延麒・六太とが交わした誓約だった。民らが、かつての暴君によって廃墟となった雁国の再興を願い続けるなか、漸く新王が玉座に就いたのだ。それから二十年をかけて、黒い土は緑の大地にと、生まれかわりつつある。しかし、ともに幸福を探し求めたふたりのこどもの邂逅が、やがて、この国の王と麒麟と民との運命を、怒涛の渦に巻きこんでいく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元州 斡由(あつゆ)の乱のお話。
    延麒(六太)と延王(小松尚隆) 二人ともに胎果

    珍しく男性ばかりが登場して、今までと一風変わった感じの
    作品でした。尚隆の詐欺師、ギャンブラーっぷりが笑える。
    だけど延王は器が大きいなぁ~、采配の振り方、惚れ惚れします。

    六太と尚隆のお互いを信じあう「信頼関係」に対して
    斡由と更夜(こうや)の上辺だけの「利害関係」だけの哀しい主従関係が
    対比的で更夜の想いに、後半に行くほど涙が出てしまいました。

    今までの巻にチラチラと登場していた延王が、また
    よくデキた男で実はかなりの「切れ者」 男の王って
    たくましくってカッコイイ~と思ってしまいました。
    (凛々しい陽子も好きですが)

    「あとがき」を読んで小野不由美さんの苦しみが語られていました。
    一から作りだした十二国記の世界の言葉の使い方。
    作家さんってすごいけど大変なんだよね。
    期待されればされるほど悩みも深そうです。

    それでもやはり続きが楽しみな十二国記なのです♪

    最後に奏・宗王と宗麟について話す延王と六太が好きです。

  • 「尚隆、好きだー!」

    何度目の再読か判らないけれど、十二国記の中でこの巻も3本の指に入る好きさ加減。
    500年を超える治世を誇り続ける雁国の黎明期。
    千里の道も一歩から、ではないけれど、
    荒廃を極めた雁国が、見事な豊かさを誇る国になるためには
    一筋縄ではいかなかったんだな、と当然と言えば当然のことに思い至らせてくれる。
    この巻は延麒・六太の目線で語られることが多いから、実際、尚隆の行動のほとんどは煙に巻かれたままだけれど、昏君と側近に罵られつつも、自分の行動(努力)のほとんどを悟らせない尚隆は「能ある鷹は爪を隠す」を地で行く人物じゃないだろうか。
    私はそういう、努力を人に悟らせず、陰日向問わず振る舞う人がとても好きだ。
    というワケで、冒頭の一言に行きつくのです。

  • 妹に薦められ、読み始めた十二国記シリーズ。
    いつしか妹の本棚から私の本棚へ移り渡ることになった一冊。

    尚隆と六太のお話。
    エンターテイメント性や爽快感は他作品と比べると物足りないかもしれないが、薄幸な悲壮感をどこかに漂わせた二人の危うさや脆さは読んでいて嫌いではなかった。
    全てを救うことは出来ないけれど、その痛みを愛おしく思える一番好きな物語。

  • 「国がほしいか。ならば、一国をお前にやる」これが、雁州国延王・尚隆と、延麒・六太とが交わした誓約だった。民らが、かつての暴君によって廃墟となった雁国の再興を願い続けるなか、漸く新王が玉座に就いたのだ。それから二十年をかけて、黒い土は緑の大地にと、生まれかわりつつある。しかし、ともに幸福を探し求めたふたりのこどもの邂逅が、やがて、この国の王と麒麟と民との運命を、怒涛の渦に巻きこんでいく。
    「BOOK」データベース より

    人は正義を標榜するのだ.
    正義と言う仮面をかぶった偽善者が世にいかに多いか.
    プライドを、対面を守るために正義という仮面をかぶってはいないか、気をつけないとなーと思った.

  • 延王と延麒のはなし。
    月の影から、みんな見たかった話ではないでしょうか。

    この大国の主従の始まりも順風満帆ではなけれど、ゆるくどっしりと続いてきた500年にわたる基盤の物語で、ショッキングな場面もあったけれど、感慨深くありました。

  • 再読

  • 「国がほしいか。ならば、一国をお前にやる」延麒・六太は延王・尚隆と主従の関係を結ぶ。
    それから20年。国としての体裁が整ってきつつある雁に六太を訪ねて更夜という青年がやってくる。
    20年前、六太は更夜と運命の出会いをしていたのだった。この二人の再会は雁を混乱に陥れていく…。

  • 十二国記で一番好きなのは「風の万里~」なのだけど、一番面白いのはと聞かれると間違いなくこれだと思う。
    全てが完成されてて本当にすごい。
    延主従と斡由・更夜ペアの逆転劇、「のんき者」尚隆の大胆な知略と行動力に完璧の仮面を剥ぎ取られ、馬脚を露す斡由。国とは、王とは?という問いに答えを求めるのは六太だけではなく、自ら王を支えるために立つ雁国民なのだという!
    尚隆はいつか雁を滅ぼすというのは作中で陰に陽に言われているけど、頼む~冗談だと言ってくれ~と思ってしまう。

  • 2019/9/17

  •  シリーズ三作目はさらに時代を五百年ほど遡る。『月の影 影の海』で陽子が出会い、景国の奪還に力を貸してくれた雁国の王・尚隆と雁国の麒麟・六太が主人公の物語である。

     尚隆が王となって二十年。政務を疎かにする延王は、雨季が近づいているのにこれでは堤防の工事が進まないと、家臣を困らせていた。一方延麒は六太という少年と再会する。更夜は魔獣に育てられた孤児であり、自分の名前すら分からなかった彼は、かつて六太と出会ったときに更夜という名前を贈られたのであった。

     更夜はいま延国元州の州侯補佐・斡由に仕えているといい、六太を斡由のもとに連れて行こうとする。果たして斡由と更夜の目的とは。そして長い荒廃から立ち直ろうとしている延国にあって延王尚隆はなにを思うのか。

     無能と思われていた主人公が実は……、というのは定番の展開ではあるが、やはり魅力的だ。十二国記世界において特別な関係性を持つ王と麒麟、その絆を堪能できる一編だった。


    ブログはコチラ → https://miniwiz07.hatenablog.com/

全346件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小野 不由美(おの ふゆみ)
1960年生まれ、大分県中津市出身の小説家。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。夫は推理作家の綾辻行人。
1988年、『バースデイ・イブは眠れない』でデビュー。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。代表作にテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』、『屍鬼』など。

東の海神 西の滄海 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)のその他の作品

小野不由美の作品

東の海神 西の滄海 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

ツイートする