INTENSITY (講談社X文庫―ホワイトハート)

  • 講談社
3.79
  • (5)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551748

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カメラマン×ゲイに悩む高校生。うーん。受けがヒステリーであさはか。攻めは大人の自覚あるの?泣きボクロのある人ばかり付き合っては別れ…前の奥さんのこと忘れられてないじゃん…簡単に未成年に手をだしおって…。もうキャラ全員色々突っ込みどころ満載。

  • 第一回ホワイトハート大賞受賞作 またデビュー作 号泣しきれずに居られなかった!!!!人生一度だけそんな人と巡り合えることを得て、もう幸せその上ない。だから、何も後悔しないでください。今後彼が必死に守られた分まで生きていくのは彼のためだと思うよ。主人公たちの愛に感動された一方で、次々と出てきた人物まで眩しいほど目に惹かれてしまう。まさに名作だと思うよ。超薦め!

  • 10数年振りに読んだ本でしたが… やっぱり泣けました(/_;)★ 挿絵がないぶん、心に入ってくるんじゃないかなぁ。。と、思います。

  • 第1回ホワイトハート大賞受賞。デビュー作です。カメラマンという設定からして想像の枠を出ないのですが、それでも切ない。

  • 08/7/28
    カメラマン×高校生。
    この方の本ははじめて読みます。作者のデビュー作です。
    文章はつたないのですがくどくなくてよかったです。
    バッドエンドですがじんわりきます。
    発展途上国の現状にすごく興味が沸きました。
    『おまえ、泣きボクロあるんだな』34P

  • 誰にでも“忘れられない夏”はあるという。だとしたら、僕のは十六歳のあの夏だ。まばゆい川面、潮の匂いのよせる河口。海鳴りとさざめきの中で、カメラをかまえる彼の横顔が、いまも鮮やかに心によみがえる。ティアーズ・フォー・フィアーズのメロディーとともに……。――十六歳の司は、年上のカメラマン・律と出会う。彼に魅かれていく自分を、抑えきれなくなった司は……。

  • 誰にでも“忘れられない夏”はあるという。だとしたら、僕のは十六歳のあの夏だ。まばゆい川面、潮の匂いのよせる河口。海鳴りとさざめきの中で、カメラをかまえる彼の横顔が、いまも鮮やかに心によみがえる。ティアーズ・フォー・フィアーズのメロディーとともに……。――十六歳の司は、年上のカメラマン・律と出会う。彼に魅かれていく自分を、抑えきれなくなった司は……。

全7件中 1 - 7件を表示

たけうちりうとの作品

ツイートする
×