風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 講談社
4.07
  • (1154)
  • (366)
  • (976)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :4644
  • レビュー :264
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551786

作品紹介・あらすじ

景王-陽子は、官吏の圧政で多くの民が重税や苦役に喘いでいることを漸く知り、己の不甲斐なさに苦悶していた。祥瓊は、父峯王が、簒奪者に弑逆されなければならないほど、国が荒んでいることに気づかなかった自分を恥じていた。鈴は、華軒に轢き殺された友・清秀の命を守れなかった自分に憤り、仇討ちを誓った。-それぞれの苦難を抱えた三人の少女たちの邂逅は、はたして希望の出発となるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アニメ放送見れば良かった・・・と今頃果てしなく後悔しています(TωT)

    今回は陽子、鈴、祥瓊の女子三人組の物語でした。
    男とはまた違った、たくましさがカッコよかったです。

    3人の接点、3人が出会うまでが長くて、出会ってからは
    話が早く流れていくので、バランスが悪いような気もしました。
    そして専門用語が難しくて、ちょっと大変でした(^^ゞ
    (この点をアニメで補足したかった~)

    革命。明郭の乱。

    ファンタジーよりも政治色が強い巻でした。
    「獣の奏者エリン」で言うなら5巻の内容と似ている雰囲気。

    景麒にまたがる陽子がカッコイイ。
    静かに堪忍袋の緒が切れてしまったところも素敵だし
    勇ましく「伏礼を廃止する初勅シーン」では涙が出てしまいそうに
    なりジーン・・・としました。

    やっと動き出した慶国景王陽子&景麒。
    自信を持って、がんばれ陽子!

    次巻も楽しみです。

    • アセロラさん
      十二国記、アニメ面白いですよ!
      原作は未読ですが、アニメは夢中になって見てました(^^ゞ
      まるで映画のように壮大で。
      陽子の王としての苦悩もよく伝わってきますし、景麒と話が通じ合わないところは思わずため息が出ちゃったり(^^;

      去年の夏にBSで再放送した時は、喜々として録画しました(笑)
      考えさせられる深い作品なので、また放送して欲しいですね。
      2013/05/09
    • まっき~♪さん
      アセロラさんへ

      こんにちはー。
      いつも花丸ありがとうございます。

      わぁー、やっぱりアニメは面白いんですね(o^∀^)
      BSで再放送されていたとは。。。それすら知りませんでした(^^ゞ
      もうレンタルして見るしかないかな・・・(レンタル面倒で・汗)

      景麒、堅物だから原作でも結構陽子と心が通じず、もどかしい!って何度も思いました。

      原作もアニメも、人気があるのにはやはり理由があるんですね^^
      小野さん、すごいなぁ~と思いました♪
      2013/05/10
  • 上巻とは
    うってかわって

    大ファタジーの要素たっぷり

    どうなっていくのだろう
    小野不由美さんの
    ストーリーテラーとしての筆力が
    全開ですね

    気持ち良く
    最後まで
    引っ張っていかれてしまいました

    あとがき に
    物語の中で「死んで」いく幾多のひとたちに
    弔意を添えておられる
    その姿勢がすてきですね

  • 最初はちょっといらいらしながら見てた少女たちが、どんどん成長してかっこよくなるのは読んでて爽快(^^)
    最後の陽子さんは、何回読んでもかっこよすぎです そこだけ何度も読み返してます 笑

  • シリーズ最初に、
    あっけなくスルーされてしまった
    戦いのシーンですが、
    今回は、徐々に始まるところから
    ラストに至るまで、王道的な仕上がりでした

    バルサか?エリンか?
    ……みたいなところもありましたが(^^ゞ

    陽子は、カッコ良かったです
    初勅がいいね
    鈴や祥瓊の啖呵もすごかったよ(^_^;)
    女の子の活躍する話が続いたので
    違う主人公の話を読もうと思う

  • 上巻ではあれほど周囲の見えていなかった鈴や祥瓊の視野が、出会う人々によって拓けていくさまが爽快ですらある。
    化ける、とも言えるだろうか?
    他者に甘え、誰かが助けてくれるのを待っていただけの鈴。
    自身が行っていた「何もしない」という無責任から目を背け、他人を妬むことしかしなかった祥瓊。
    彼女らが、自分たちの至らなさに気づき、その心根を変えていく姿は、本当にあのころの二人とは雲泥の差だ。

    そして陽子。
    根っから真面目っ子だから、自分が王たるに相応しくないと終始思い悩む。自分の不知を知っているということは大事なことだ。
    その自省があるからこそ、陽子の治める慶国はきっと長い治世を迎えるだろうと、読者の私たちは確信にも近い思いを抱けるのだと思う。
    いなぁ…って思う「風の万里黎明の空」編。

    陽子が麒麟に騎乗し、禁軍将軍を問責するクライマックス。
    射抜く瞳の力強さと醸し出す覇気、語気の毅さ。そして景麒のダメ出し。
    此処だけ何度も読み返してしまう。そのたびに鳥肌が立つ。
    陽子がカッコ良すぎる!

    乱を無事に治め後、古来の儀式をすっ飛ばし、街に下りた際に自分自身が出会った信頼に足る人物を召致し、赤子王朝の布陣を敷いた。
    私はその面々を見て何度も頷くのだ。
    そうそう。
    国を動かすのは、老爺などでなく変わることを恐れない若者でなくては、と。

  • ラストシーンの爽快さは他に追随を許さない。

  • 再読。
    鈴と祥瓊はそれぞれの旅路の出会いによって成長し、陽子は王として新たなる一歩を踏み出した。
    人との出会いや優しさは、人を変えることができるのだと思った。
    それにしても楽俊が次の巧の王になれないのは残念。あれほど人間ができているのに。
    シリーズを読み直しているが、自ら戦い幸せを掴み取ろうとする姿に感銘する。陽子には長く玉座にあってほしいと願うが、今後どうなるのだろうか。

  • 中学時代に読んだ時は、風の万里は特に難しいし長いし、中だるみしていてちょっとつまらないな、と思っていたのですが、十二国の物語で一番好きなシーンはと聞かれたら、このお話の最後、陽子の初勅のシーンです。

    「人はね、景麒ーーー」

    人生の教訓がたくさんあるこのシリーズですが、もっともこうありたいと思うのは、この陽子の初勅のような人間なのです。

  • 陽子、祥瓊、鈴、女性3人の成長物語。

  • あまりにも上巻の終わり方が悲しすぎて…悲しすぎて…。
    ことさら鈴と祥瓊の精神面での成長が著しいことが胸にしみる。
    しかもあんな弁も立つようになって…強ヒロインに定評のある十二国記シリーズ…。
    あと楽俊はいいヤツ。やっぱりいいヤツ。

全264件中 1 - 10件を表示

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)のその他の作品

小野不由美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
荻原 規子
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)に関連するまとめ

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

ツイートする