風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 講談社
4.07
  • (1176)
  • (373)
  • (976)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 4810
レビュー : 273
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062551786

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  鈴もしょうけいも、自分の考えが間違っていたことに気が付き、陽子も、閣僚たちに踊らされたことに気が付く。
     この巻で3人が大きく成長したなと思いました。

  • 陽子が「王」になった。
    国がどうあるべきか、を自分の中で明確にできた。

    三人とも成長し、感謝と謝罪を自覚し心が外向きに広がってきた。
    立派に成長したなぁw

  • 陽子を中心とした人々が、集まっていくという形がすごくよくわかっていく。
    これから三人の少女がどうなっていくのかすごく楽しみ。そして陽子が掲げた初勅にすごく感動した。
    初勅を言い渡した陽子を見て「衣食足りて礼節を知る」という言葉が浮かんだ。

  • 読み進めてよかった!と、思える内容。
    登場人物が入り乱れていて、混乱したが、とてもおもしろかった。
    これが今のところシリーズの中で一番おもしろい。

  • やはり、私は子供っぽい。この本をよむのが楽しい。

  • とっても清々しいラストに胸が熱くなった。水戸黄門的なノリも入って面白かったのだが、政治などに関して不勉強だったはずの祥けいが、なぜ敵の動きを理解したのかが疑問。宮中での生活が長かったからというのであれば、やはり国が亡びる前にさまざまなことに気づいたはずでは?敵討ちに燃えた鈴も、気持ちはわからなくはないが、その変心ぶりに微妙についていけなかったので、三人の中で一番違和感なかったのは陽子だけか……?細かいところがひっかかってしまうのは、それだけ夢中になって読める魅力的な作品だからなので、次巻を早めに手にとりたい。

  • 国を立てなおすため決断する陽子。長い旅の道のりで友を失ない、混乱に巻きこまれながら、陽子に会うため慶国をめざした祥瓊と鈴。邂逅は人生の夜明けになるか。

    わりと鈴と祥瓊が似たような状況におかれていたので、どっちがどっちだっけとなりました。
    ただ、彼女たちが自分の身分を明かし、陽子を信じろと言ったり、陽子が王らしさを発揮して官を服従させるさまはおお!と興奮してしまいました。

  • 戦の場面が長く、頭がついていかなかった…。

  • 上巻があんだけしんどかっただけあって、下巻の読後感はほんとスッキリ。
    それぞれがそれぞれの過ちに気付き、認め、前を向く。そういってしまえばありきたりなのかもしれないけど。

    これだけ味方側の人間が死んでて、スッキリ爽やかってのも不思議。それだけガホウ・ショウコウが嫌なやつ(というか悪人)として描かれてるんだろうし、反対に、カンタイたちこちら側の人間は魅力的なおっさん(遠甫はおじいちゃんだけど)なんだろうなぁ。

  • 物語も後半へ進み、陽子が奮闘します。続きが気になって急いで読んだのですが、面白かったです。陽子が主体の上下巻が一番面白いと思います。

全273件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

小野 不由美(おの ふゆみ)
1960年生まれ、大分県中津市出身の小説家。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。夫は推理作家の綾辻行人。
1988年、『バースデイ・イブは眠れない』でデビュー。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。代表作にテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』、『屍鬼』など。

風の万里 黎明の空(下) 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)のその他の作品

小野不由美の作品

ツイートする