薔薇の妙薬―ヨヒアの国でいちばん美しい娘 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062552417

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • その美貌だけでなく、穢れていないという以外は欠点のない公子エリュートは、「国でいちばん美しい娘」を得るために二人で旅をしていた。人々の語りが中に入る、おとぎ話風な物語。今は中国ものなどで活躍されている森福都さんのデビュー作です。
    雰囲気がすごく完成されていて、風が感じられるようなところがあった。惜しいのは、最後の解説で夢枕獏さんがおっしゃっているように、落ちがついていないところ。これで全てのからくりが!とか大きな世界に物語が広がるとものすごい作品になったと思う。これだと、やっぱり「おとぎ話」で終わってしまう感じがもったいない。ここまで描写力があるのに。こういうのももっと読みたいなあ。
    ホワイトハートはこういうのを目指したかったんだろうけど……売っていく路線としては厳しいと思う。

  • これも取り寄せ不可の作品。読みたいぞー

  • 主従だと聞いて。
    最後には主従が逆転するらしいけど、どこにも売ってないんだね。
    古本やめぐりでもしようかな。

全3件中 1 - 3件を表示

森福都の作品

ツイートする
×