雪 SNOW―硝子の街にて〈2〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 茶屋町 勝呂 
  • 講談社
3.68
  • (7)
  • (8)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062552585

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ再読中。
    きっと最初に読んだときとは違う(なんと言っても完結まで知っているので)感想だと思いますが、そもそも最初を覚えていないのでご勘弁!
    しかし、NYって雪が結構降るんだなぁと、アホウな感想が最初です。アメリカは広いから、そりゃあいろんなところがあるんでしょうけど、四季はどんな感じなのかなぁ。
    ほかのシリーズから顔をちょっと出したダニエル君が結構楽しいです。あと、メインキャラのヘンリーが今回からしっかりでてきますね。いい人だ。
    しかし「友愛と純愛のNYストーリー」のあおりですが、ノブはトラウマ持ちまくりで、シドニーには忍耐の連続って感じですな。
    『友達』の単語で、気の毒、なんですもの。

    しかし、英語では「妖怪」も「妖精」も区別がないってのが、なんだか納得できないですわ。

  • のぶたんは天然なのね・・・23さいなのに・・・
    シドニーかわいそう(´・ω・)
    それにしても文章よみやすいなあ

  • シドニーがかわいそうになってきたよ。生殺し(笑)

雪 SNOW―硝子の街にて〈2〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)のその他の作品

柏枝真郷の作品

ツイートする