水色のプレリュード (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 二宮 悦巳 
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062552851

作品紹介・あらすじ

飛鳥は目が大きい。それはたぶん、骨格のなせるわざなんだろうけど、額から眉、瞼、睫、頬と続くあたりに、甘いニュアンスがあるんだ。そしてこの、淡い水晶のような瞳…。気がついたとき、僕は飛鳥と十センチと離れていないような至近距離で立っていた。「あ、キスしちゃえそうだね、これじゃ…」慌てて離れ、しどろもどろに言うと、「うん。してもいいと僕も思った」え?えっ?えええーっ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  微妙に分かりにくいですが。
     あらすじかいてなかったんだよ、この本……自分で書くと、支離滅裂ね。
     個人的には、割とBL小説の、BL面でなく、ストーリー面を重視したがる傾向に自分があるようなので、どうしても私が解説を書くと、そっち重視の解説になってしまう……(苦笑)
     反省しておきます……。

     というわけで、出だしの、出だし。
     いつの間に、禄一郎が飛鳥に惚れたのかもよくわからないんですけど……。
     個人的には、息吹が大のお気に入り

     まぁ、それはそれ。
     これはこれですが。

     点数的には60点。
     読み直してみたら、意外とおもしろかった。

  • 分類としてはBL小説なんだけど、BL色はかなり薄め。青春小説らしい仕上がり。けっこう好きでした。

  • たけうちりうとさんの別名義。ちょっと懐かしい感じのする甘酸っぱくてほろ苦い物語。

全3件中 1 - 3件を表示

青海圭の作品

ツイートする