ミエザの深き眠り―アレクサンドロス伝奇〈2〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.31
  • (3)
  • (6)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 69
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062553575

作品紹介・あらすじ

ギリシアに隣する小国マケドニア。大国ペルシアを打倒するエネルギーをたぎらせる都ペラで、王の絶対の信頼を得ているリュシアスに買われてきた少女サラは、少しずつ奴隷になる以前の記憶を取り戻し始める。一方、嫡子である息子のためにリュシアスを廃そうとする王妃オリムピアスは、妖しい美形の占い師にのめりこんでいく。母の恐ろしさに震える少年アレクスと、サラが出会うとき、地中海世界の歴史が変わる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • リュシアスの異母弟アレクス初登場。参考書などでは窺い知れないアレクサンドロス象が新鮮。ミエザの暮らしが楽しそうで、読むのが楽だった。

  • この巻はアレクス少年がでてきます。大概が兄とサラの話だけど・・・

全2件中 1 - 2件を表示

榛名しおりの作品

ツイートする
×