月光真珠―斎姫異聞 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.15
  • (1)
  • (4)
  • (21)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 67
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062553681

作品紹介・あらすじ

寛弘三年(1006)、平安京。焼失した内裏再建が始まったが、内覧・藤原道長は困惑していた。夜の都大路では、資材や人足が消え、銀鬼が空を飛ぶという。「神の子」宮と、聖結界を持つ夫・義明は、花山院に取り憑いた魔物相手に闘っていた。この異国の魔物には、宮の力も通じない!苦闘する二人の前に、宮と瓜二つの銀髪の少年が現れた。なぜか、動揺する宮…。「カゲ」と呼ばれた、この少年の正体とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 実家に残っていたファンタジー小説の一つ。
    こういった本を夢中で読んでいましたねえ、小中学生の頃は。
    今でも時々ファンタジーが読みたくなるときがあります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宮乃崎桜子

「2018年 『綺羅の皇女(2) 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮乃崎桜子の作品

ツイートする
×