光と影のトラキア―アレクサンドロス伝奇〈4〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.39
  • (3)
  • (6)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062553902

作品紹介・あらすじ

トラキア討伐のため兵を進めたマケドニア王フィリッポスは叛乱軍のあまりの強さに窮地に陥った。その父王を見事な知略で救ったアレクスは、戦場でハミルと運命的に出会いはじめて心を許した友を得た。だが、ハミルはペルシア海将の息子。危険極まりない関係だった。叛乱軍の象徴は軍装の美女ティナ。アレクスに捕らえられ、父王に捧げられることになるが…。敗戦交渉を命じられたルデトは許婚(テイナ)とトラキアの危機に何を想う。出会い、別れ、そして試練。歴史(ロマン)がここにある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハミルとアレクスの出会いからナーザの最期まで。ナーザとマティアの会話が切ない。気になる引きだった。

  • ちょっとずつサラの過去が明らかになる・・・?

全2件中 1 - 2件を表示

榛名しおりの作品

ツイートする
×