夢幻調伏―斎姫異聞 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.23
  • (2)
  • (1)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062553957

作品紹介・あらすじ

寛弘四年(1007)、春。道長の金峰山参詣のための精進を一緒にと、高雅邸に招かれた義明。だが、結界の弱いその屋敷で、人々は惨い悪夢に襲われる。疑心暗鬼の道長の策略で、宮は義明の想いを誤解したまま斎院に閉じ込められてしまう。ヒトの欲望を歪んだ悪夢へと変えて苦しめる夢魔を、操っているのは誰?そして、黄泉と現世の狭間で、ひとり絶望的な闘いに挑む義明は…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長いシリーズですが、おもしろかった。宮様が最初は両性だったのに途中から女性に変化していく・・個人的には男になって欲しかった。義明の愛の深さに感激です。やっぱり宮が男ならもっと良かったんだけどな~腐女子的にはwww

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宮乃崎桜子

「2018年 『綺羅の皇女(2) 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮乃崎桜子の作品

ツイートする
×