妖精の島―東都幻沫録 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062554084

作品紹介・あらすじ

お堅い高校教師の刈谷と、あやしげな美貌の旅行ライター・光村。宇田川壮介のバイト先は、暇を持て余した二人の溜まり場になっていた。「こいつ、自分の裸の写真を持ち歩いてんだぜ」ある日、宇田川は同級生たちの輪にとけ込めない一人の少年と知り合う。少年の奇妙な性癖と彼の写真を撮る男の正体。宇田川は、刈谷たちに相談を持ちかけるが-。少年の心には、彼らが想像しえない深い闇が存在していた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分のセミヌードの写真を持ち歩く小学生の男の子。
    事情を聞いて、解決しようと動く主人公の宇田川。
    宇田川に対して冷たいけど実はかなり過保護な刈谷。
    生真面目な刈谷をからかう、幼馴染の光村。
    光村の能力が怖い(笑)
    あと刈谷大好き刈谷パパはすっごく楽しいキャラです。登場人物がすごく好きです。こんなもんじゃ屋さんが近くにあったら毎日通いますよ!

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

代表作につばさ文庫「わがままファッション GIRLS MODE」シリーズなど

「2021年 『星のカービィ デデデ大王の脱走大作戦!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高瀬美恵の作品

妖精の島―東都幻沫録 (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×