とおの眠りのみなめさめ (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062554695

作品紹介・あらすじ

代々、男児は産まれぬという奇妙な言い伝えをもつ旧家、藤波家。十六歳の少年・薫流は、その歴史に反して産まれた次期当主だ。夏期休暇が近づき、彼は繰り返し奇怪な夢をみる。女房装束をまとう「女」があらわれ、こう告げるのだ。「藤波の家に男児はいないはず。そう決めたのは私なのだから」と。では、ここにいるのは、いったい何者なのだろう-不安を覚える薫流。やがて夢と現の境界は、しだいに曖昧になってゆき-。第7回ホワイトハート大賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ゆらゆらと夢に漂ふ。
    何が本当なのか。幻想的な世界観にどっぷりと浸る。
    処女作なせいかやや要領を得ない表現もまたよし。

  • ホワイトハート大賞受賞作。夢ネタなんですが……凄く読ませてくれる本でした! 最初の内、ちょっと取っ付き難い文体が続くかもしれないですが……読んでるうちにはまれるかと(f^^)

全2件中 1 - 2件を表示

紫宮葵の作品

とおの眠りのみなめさめ (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×