傀儡迷走 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062554701

作品紹介・あらすじ

怨霊と化した五鬼衆の頭・暹の魂が一時入り込んだだめ、乱れてしまった菜樹の器。彼女自身の魂もその衝撃で自らの裡に取り込まれ、目覚めることが出来なくなってしまう。眠り続ける菜樹に、己の力不足を痛感する海生。ともすれば焦りがちな彼を支えたのが、傀儡回しの同族・一衣と人形たちであった。そして、頭領を失った五鬼衆もまた、混迷の中にあった。暴走する頴。自立していく曠。宇津保と五鬼衆の闘いの行方は-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 主人公とその仲間たちが離れて話が進んでいく。
    話が進まないというより、自体が動かせない登場人物達はイライラするね。
    コウと稗田のやり取りが好き。

全1件中 1 - 1件を表示

鷹野祐希の作品

ツイートする
×