110番は甘い鼓動 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 如月 弘鷹 
  • 講談社
3.10
  • (0)
  • (2)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555043

作品紹介・あらすじ

交番の勤務を無事に終え、念願の刑事課に配属された伊藤和久・二十四歳。ところが高石警察署の面々は、お人好しの和久が来たことに不安を隠せない様子で-。やがて、管内で謎の空き巣事件が相次いで起こりはじめる。花屋を営む剣持薫は、多忙な和久になかなか会えず、思わぬ場所でいきなり彼を押し倒した。「お預けの連続で、おかしくなりそうだよ」薫の熱ぽっい声が和久の耳朶をくすぐり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 花屋さん×刑事

  • 【110番シリーズ】■あらすじ■伊藤和久は無事交番勤務を終え、念願叶って刑事課に配属になるが。しかし個性豊かな刑事課の面々はどう見ても童顔で刑事らしからぬ和久の外見やお人好しの性格から、今一不安の色を漂わせている。もう一人不安を隠せないのは和久の恋人で花屋を経営する・剣持薫。和久は相次ぐ怪事件に振り回され、お互い会う時間もろくになく…。ある日取調室の片づけをしていると花を届けに来た薫が和久を押し倒し……■感想■花屋×刑事…なんておいしい設定vそして数々の素敵なシチュエーションに楽しませていただきましたv■挿絵■如月弘鷹

  • 交番の勤務を無事に終え、念願の刑事課に配属された伊藤和久・二十四歳。ところが高石警察署の面々は、お人好しの和久が来たことに不安を隠せない様子で―。やがて、管内で謎の空き巣事件が相次いで起こりはじめる。花屋を営む剣持薫は、多忙な和久になかなか会えず、思わぬ場所でいきなり彼を押し倒した。「お預けの連続で、おかしくなりそうだよ」薫の熱ぽっい声が和久の耳朶をくすぐり…。<br>
    <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062555042/crazymoon0b-22" target="_blank"><img src="http://images.amazon.com/images/P/4062555042.09._SCMZZZZZZZ_.jpg" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062555042/crazymoon0b-22" target="_blank">110番は甘い鼓動</a></div><div class="booklog-pub">井村 仁美 / 講談社(2001/02)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:151,630位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062555042/crazymoon0b-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/crazymoon/asin/4062555042" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全3件中 1 - 3件を表示

110番は甘い鼓動 (講談社X文庫―ホワイトハート)のその他の作品

井村仁美の作品

ツイートする