傀儡解放 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 九後 虎 
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555166

作品紹介・あらすじ

「一人では戦わせない。俺も…戦う」耳元でささやかれた海生の言葉に菜樹は涙を溢れさせた。北関東の火山地帯に放つ"連火の呪"、この恐ろしい策略とともに、五人の宇津保との交換条件に、三柱の神を宿す特別な存在となった菜樹を手に入れようとする五鬼衆・頴。一方、稗田と次の段階に踏み出した曠…。宇津保と傀儡回しと鬼道衆-戦いと同時に奇妙な均衡関係にある三者の行方は。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 無事完結出来て良かった。
    あの二人の会わなさっぷりに大丈夫かと心配した。
    メインの二人を差し置いてコウと稗田のやり取りが大好きだ。
    引き換えに渡された人質の1人が稗田昭彦?で混乱した。
    コウが連れてる稗田とは違うんだよね?親族か?
    読み飛ばしたのかなー。
    敵を倒して良かったね!の他がかなり投げっぱなし。
    頭良い天才と言われてたエイも、やっぱり狂ってたのかな。
    海生たちがいなくてもうまくいかなかったような気がする。
    締めた後をグタグタ書くと蛇足になっちゃうのかな。
    一気に読まないとついていけなくなりそうな作品でした。
    通して読むから面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

鷹野祐希の作品

ツイートする