天離熾火―斎姫異聞 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.11
  • (1)
  • (0)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555494

作品紹介・あらすじ

寛弘六年(一〇〇九)初夏。頭中将の"女通い"につきあわされた義明は、黄泉に行けずに彷徨う霊に襲われる。一方、宮は「秀真」の古文書を承継する翁の協力で、夜刀神が神代の昔"妬心"ゆえに高天原を追われた真相を知る。霊が彷徨うのも夜刀神の仕業なのか-!?亜空で宮とはぐれた義明は夜刀神の企みを知り、宮に報せるべく異界の湖に飛び込むが、再び浮かび上がることはなかった…。

著者プロフィール

宮乃崎桜子

「2018年 『綺羅の皇女(2) 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮乃崎桜子の作品

ツイートする
×