黄昏の岸 暁の天(そら)〈下〉―十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
制作 : 山田 章博 
  • 講談社
3.89
  • (840)
  • (446)
  • (1055)
  • (16)
  • (2)
本棚登録 : 4661
レビュー : 203
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだまだ続きそうな話で先が気になる!!

    戴国も救われた訳でもなく
    困難が待ち構えている終わり方で
    モヤモヤが残るので星3つ。
    この先、どうやって戴国が建て直すか。
    また天とは…。
    いつもの十二国記みたいな爽快な結末を期待します。

    この本を読んだら是非新潮文庫の『魔性の子』を読んで頂きたい。
    蓬莱視点でこの本の事が書かれてて
    より楽しめます。

    陽子さんが尚隆をけしかける所は容赦無くて笑ってしまったなぁ(笑)
    尚隆可哀想…尻にひかれてる…あんなに格好良いのに

  • 再読‥のはずが
    全く覚えてなかった(・・;)

    世界の仕組みに対する不信感とか
    どこまでなら許されるかとか
    そういうのをはかりながらの
    泰麒連れ去り大作戦。

    うーん、
    泰どうなるのか‥(>_<)

  • 戴国を巡るあれやこれや。
    「図南の翼」で十二国記の世界に対する理解が深まるのと対照的に、世界の仕組みに疑問を投げかける巻。冒険したり危機を乗り越えたり、という王道な展開から少し外れて、これから先に話を展開していく上での布石のような内容に感じた。
    幼かった泰麒の成長が今後どう変化を及ぼしていくのか、先の展開が非常に楽しみ。

  • 最後の浩瀚の言い分がカッコいい。

  • 魔性の子を呼んでいたのでするする読めた。
    けど、解決しなかったのでちょっともやもやです。

  • え、最後これ?wまだ続きそうな感じですw
    最後まで結構普通に読むことができて、面白かったのですが、だいぶ登場人物も増え、ごちゃごちゃしてきました。

  • 下巻。2冊を一気読みするのは久しぶり。

    少し終わりがすっきりと行かなかったのが残念だなぁと個人的には思った。

    泰麒がホントにいろんな人に愛される存在であり、でもそんな小さかった泰麒が麒麟としての力をほぼ失ってもなお前を向いて戴を救おうとする姿にはっとした。何かを失ってもそこで何もないと絶望するのではなく、何もなくても何かができると信じて前に進むしかない時もあるのだ。現代社会もどうにもできないことが多い。けれども何かできると信じて生きていくしかない。十二国記はファンタジーであるけれども、現代社会に何かを教えてくれる、そんな作品だなぁと改めて思った。

    戴は泰麒が戻ってどうなるのか、今後の展開に期待したい。

  • 蓬莱に行ってしまった泰麒を探す話。
    いままで別々の話として登場していた陽子と泰麒、各国の麒麟たちが一堂に会するのはワクワクした。
    魔性の子とのリンクも。
    けどなんとも全体的な雰囲気が暗い…
    角のない泰麒と行方不明の泰王。
    これからというところで物語が終わるので、続きが気になる。

  • 読み直す予定。幸せになってほしくて苦しくなるお話。

  • 上巻参照。

著者プロフィール

小野 不由美(おの ふゆみ)
1960年生まれ、大分県中津市出身の小説家。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に所属。夫は推理作家の綾辻行人。
1988年、『バースデイ・イブは眠れない』でデビュー。2013年5月、『残穢』で第26回山本周五郎賞を受賞。代表作にテレビアニメ化された『悪霊シリーズ』、『十二国記シリーズ』、『屍鬼』など。

小野不由美の作品

ツイートする