桜の原罪―桜を手折るもの (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555845

作品紹介・あらすじ

自分のせいで消え去った聖を甦らせるため、隼人は瑞樹の協力を得て、魔界の秘宝である"闇柘榴"の情報を集めていた。都内では、人が突然凶暴化する狐狗狸病が流行し、街を歩く人影も少ない。それに加え、狐狗狸病予防には古い桜の枝や皮が効果的という噂が流れ、それも隼人らを悩ませていた。そんな折、瑞樹の正体が、ついに家族にバレてしまう。両親や弟に拒否され、傷心の瑞樹が頼れるものは、もはや隼人しかいなかった。

全1件中 1 - 1件を表示

岡野麻里安の作品

桜の原罪―桜を手折るもの (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×