胡蝶の島―私設諜報ゼミナール (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555869

作品紹介・あらすじ

俺、天羽洪明のバイト先「城之内ゼミナール」は表向きは学習塾。実は、講師人は元泥棒や元殺し屋という秘密諜報機関"嘱託"。俺は、生徒の強化合宿で訪れた瀬戸内海の小島で、ある少女から衝撃の言葉を聞いたんだ。-私がいると、みんなが不幸になる-。呪われた子として忌み嫌われる少女と、この島に纏わる生物兵器の真相が明らかになったとき、俺は心に誓う、「"嘱託"を敵にまわしてでも、きっと君を守る!」と。しかし…。

星野ケイの作品

胡蝶の島―私設諜報ゼミナール (講談社X文庫―ホワイトハート)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×