う・わ・さのラブ・フォーカス (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
2.89
  • (0)
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062555876

作品紹介・あらすじ

転校初日の朝、氏家真生は突然、写真部の明石弘孝に写真を撮られてしまう。弘孝は写真展に出す作品のモデルになるよう真生を口説くが、クウォーターであることにコンプレックスを抱えるうえに、自分の顔が嫌いな真生は、その誘いを断り続けていた。やがて弘孝の熱いまなざしと優しさに触れ、真生は彼を受け入れていくのだが…。「俺は、見せものになんかなりたくない!」弘孝の知らない過去が、真生を苦しめていた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  なんていうか……コンプレックスは人それぞれだよね……という、お話。
     結局、初恋の相手はそもそも真生だったんだろうから……ちゃんと、種明かしはして欲しかったなぁ……という。
     キレイにまとまっててよかったと思う。
     書き足してある話もすっごくよかったし。
     これで、本当に真生はコンプレックスから解放されたんだな……って思ったよ。

全1件中 1 - 1件を表示

井村仁美の作品

ツイートする
×