終わりなきドルイドの誓約 英国妖異譚(4) (講談社X文庫)

著者 :
制作 : かわい 千草 
  • 講談社
3.76
  • (14)
  • (7)
  • (25)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062556361

作品紹介・あらすじ

英国の全寮制パブリックスクール、セント・ラファエロの工事現場で人骨が発見された。その後起こる、火にまつわる奇怪な事件。ユウリもまた、「火を使わないで、障害物を燃やして」という、悪戯妖精ロビンの頼みに、火の精霊を呼び出しロビンを傷つけてしまう。火の精霊と交わした誓約に縛られた地-。霊感少年ユウリが、不可思議な謎を解き、怨念を解き放つ…!?大好評「英国妖異譚」シリーズ第4弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

  • 夏休みが終わって、新学期。新しい校医と、霊廟跡の工事現場から出た白骨。
    ロビンの怪我(怪我?)アシュレイに憑く幽霊。

  • 2010年1月23日読了

    すこし間が空いたのでなんだか久しぶりな気がする英国~でつが、戻ってきてやっぱ面白いなーと実感。……主に三角関係が( そ こ か ww )

    今回は新しく校医・マクケヒトも出てきて、にぎやかになってきました。マクケヒト(言いにくい…)はどんな関わり方をしてくんだろう。アシュレイは視る力がてんでダメな方なので、同じような力というか感じ方ができるアドバイザー的存在なのかな?
    ま、三角関係には参戦しそうもない(;一_一) ですが、ちゃっかりシモン&アシュレイに目ェ付けられてる時点で可哀想すぎるwww そりゃ、ユウリの無防備さも悪いのかもしれないけど、彼は親しみを感じたからファーストネームで呼ぶこと許したんだから、そこまで目くじら立てなくても…(笑)本当、過保護なんだから。
    てゆーか、前回だけでなく今後も延々とシンクレア出てくるのかと思うと「あいつ、しぶといなぁ(;一_一)」と思います。どんだけ執着強いのか。…今後も邪魔というか、何かしらしでかしそうですね。

    シモン&アシュレイは全く真逆の魅力を持っている癖に、変なとこで似通ってたりツーカーだったりするので面白い。意外に同族嫌悪だったりするのかなww
    内容的には以前の霊廟での話。更に5巻でも引きずっているみたいですね。前回の霊廟の話より、更に昔の話に遡っていきました。霊廟が無くなったことで、その前にあったものが目覚めてしまった…みたいな。
    今までは霊的な悲しい過去にまつわる話が多かったけど、もちろん今回もベースは変わらないけどモチーフとして火が登場。そして、湖の貴婦人がめっちゃおいしいとこさらってくというヽ(^o^)丿 私は湖の貴婦人、なかなかいい性格してるので好きです。妖精ならではの傲慢さがたまに見え隠れして可愛い。彼女の口から語られた「私よりも妖精王を気にした方がいいぞ」という言葉にはウケました。彼女、シモンの心をすっかり見透かしていますねwww
    ロビンも無事助かって、安心。ロビン、次の登場は傷が癒えてからだろうなぁ。可愛いのでロビンは大好きです★

  • 現実を追い越そうとする認識。

    えっと…
    方向性は一緒なの??

  • 新たな登場人物保健医のマクケヒト登場。

  • 悔いと償いは、いつまでも残るものなのか…。
    自らの行動の責任を取る、というのが今回の主人公と、元凶になった青年の共通の行動でした。
    時にそれが新たな悲劇を、時にそれが救いを生む。
    新キャラの保健医もいい味出してて、物語は新たな展開を見せます。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

4月9日生まれ。神奈川県在住。2001年「英国妖異譚」で講談社ホワイトハート大賞優秀賞を受賞しデビュー。大ヒットシリーズとなる。そのほかに続編の「欧州妖異譚」シリーズ、「ホミサイド・コレクション」シリーズ、「よろず一夜のミステリー」シリーズ、「御堂学院の神使官」シリーズなどがある。また、香谷美季のペンネームでは、児童書「あやかしの鏡」シリーズなどの著作がある。

「2016年 『魔女調伏師は闇に笑う 禁忌の魔術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

終わりなきドルイドの誓約 英国妖異譚(4) (講談社X文庫)のその他の作品

篠原美季の作品

ツイートする