うたかた―斎姫異聞外伝 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.47
  • (2)
  • (3)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062556880

作品紹介・あらすじ

少年の時に見た美しい姫-、それが初恋。光少将こと藤原重家が、その姫と再会したのは、東宮の後宮だった。忘れられない初恋の愛しい女-綏子は、今は東宮妃になっていた。お互い惹かれあうが、御簾越しに相手を感じるだけの許されぬ恋に苦しむ、綏子と重家。だが、やがて、綏子のお腹には…。重家の出家に隠された哀しい恋物語。大人気シリーズ「斎姫異聞」外伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「斎姫異聞」の外伝。義明の親友・藤原重家の若き頃のお話。悲劇テイスト。
    微妙に本編のネタバレがあるので、「斎姫異聞」→「うたかた」→「斎姫撩乱」がおすすめ。

    かなり史実に則っているので歴史が好きな人にぴったり。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

宮乃崎桜子

「2018年 『綺羅の皇女(2) 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮乃崎桜子の作品

ツイートする
×