翳 SHADOW―硝子の街にて〈18〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 : 柏枝真郷
制作 : 茶屋町 勝呂 
  • 講談社 (2004年12月3日発売)
3.31
  • (2)
  • (5)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :58
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062557627

作品紹介・あらすじ

二〇〇一年-風薫る五月。スカイトラベル社の若い女性ツアー客が行方不明になった。折しもその晩、ウエスト・ヴィレッジのアパートで火災が起き、遺体が発見される。そばにあったバッグとパスポートのコピーから、行方不明の女性と思われ、ノブたちは慄然とするが-。NY市警の捜査がすすむうちに、一九九三年に起きた爆発テロ事件が浮上してくる。輝くメトロポリスの光と影。どこまでもピュアなNYラブストーリー。

翳 SHADOW―硝子の街にて〈18〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は93年に起きた爆発テロを下敷きにしていますね。毎回、何かアメリカで話題になったことや事件を下敷きにしていますが、大抵は私は知らなかったことばかりです。

  • もう18冊目かあ。そして運命の2001年。…運命だよね? 多分ね?<BR />
    長く続いてるなあ。最初はこの話はBLなんだろうか?みたいな感じだったのだけど、一応最近はラブラブだからね、いい感じですね。まさかこんなにラブラブになるとは(笑)。<BR />
    ところでロッドに少し嫉妬してるような描写も出てきたりして(相変わらず鈍いが)、ノブの気持ちも成長していくと面白いですな。…ていうか、えーと、ロッドとシドニーってどっちがどっちっていうか…えーと、今まで気にしたことなかったけど気になってきた…。
    <BR />[2004/12/19読了]

全2件中 1 - 2件を表示

翳 SHADOW―硝子の街にて〈18〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)のその他の作品

柏枝真郷の作品

翳 SHADOW―硝子の街にて〈18〉 (講談社X文庫―ホワイトハート)はこんな本です

ツイートする