龍の恋、Dr.の愛 (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 : 樹生かなめ
制作 : 奈良 千春 
  • 講談社 (2005年2月5日発売)
3.52
  • (19)
  • (32)
  • (69)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :232
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062557825

作品紹介

「俺は先生以外は抱かない」明和病院の美貌の内科医・氷川諒一には、最愛の人がいる。十歳年下の十九歳でありながら、指定暴力団・真鍋組二代目、昇り龍を背負う相川清和だ。再会したときから、激しく愛し合うふたりだったが、氷川は清和がヤクザであることが心配でたまらない。なんとか更正させようと努力しつつも、平穏な日々を送っていたはずだったのだが…。

龍の恋、Dr.の愛 (講談社X文庫 ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 版元を変えてシリーズ続編が出るのだから、コアな人気があるんだろうなあと。分かるような(^_^;)少なくても続きを読もうかな、という気にはなる。スピンオフ作品だったはずなのにね。本編はどうなったんだか。

  • 10歳差のカップルかつ、医者とヤクザの組長という組み合わせに、年下のヤクザの方が積極的なのかなーと思いきや、清和の子供時代すら知っている氷川の方がグイグイくるので、不思議な感じ。一回り近い年下相手に嫉妬心隠さなかったり、恋人の部下の前でも思いつきの言葉を発してしまったり、エリートコースの医者という設定の割に、あまり頭の良さは感じない。ケンカするとイチイチ子供時代の話を蒸し返すのもどうなんだと…。ただ、ストーリーとしてはなかなか面白いので、もう少し続きを読んでみたい。

  • あんまり好みじゃなかった!残念!

  • あなたに永遠の愛を誓います
    愛し合ったのは年上の男と年下の男、宿命の純愛物語!!

    「俺は先生以外は抱かない」明和病院の美貌の内科医・氷川諒一(ひかわりょういち)には、最愛の人がいる。10歳年下の19歳でありながら、指定暴力団・真鍋組2代目、昇り龍を背負う相川清和(あいかわせいわ)だ。再会したときから、激しく愛し合うふたりだったが、氷川は清和がヤクザであることが心配でたまらない。なんとか更生させようと努力しつつも、平穏な日々を送っていたはずだったのだが……!?
    出版社より

  • コメディとシリアスを交えながらのハチャメチャ893もの。年下攻めが男姐さん(かかあさま)に敷かれるのがワラエル。脇キャラ個性的で楽しい作品

  • 最近、ノンフィクションの暴力団ものを読んでいるせいか、読み進めるのがハラハラしてしょうがないです。シスターが組長になる、昔の映画を思い出しました。どんぱち。挿絵は…前の人の方が私は好きです…。

  • ・DRは龍に乗る
    ・DRは龍と立つ
     ホワイトハート
    ・龍の恋、Dr.の愛
    ・龍の純情、Dr.の情熱
    ・龍の恋情、Dr.の慕情
    ・龍の灼熱、Dr.の情愛
    ・龍の烈火、Dr.の憂愁
    ・龍の求愛、Dr.の奇襲
    ・龍の右腕、Dr.の哀憐
    ・龍の仁義、Dr.の流儀
    ・龍の宿命、Dr.の運命
    ・龍の初恋、Dr.の受諾
    ・龍の兄弟、Dr.の同志
    ・龍の危機、Dr.の襲名
    ・龍の復活、Dr.の咆哮
    ・龍の勇姿、Dr.の不敵
    ・龍の忍耐、Dr.の奮闘
    ・Dr.の傲慢、可哀相な俺
    ・龍の青嵐、Dr.の嫉妬
    ・龍の衝撃、Dr.の分裂

  • 「この人は文章を書くのが上手い」と
    はじめの2ページを読んだだけで分かった

    人付き合いと同じで小説も初対面に堅苦しいのは苦手だけど
    昔からの知り合いのようにスッと入っていける文章・内容

    うわべだけのヤクザものじゃなくて
    ちゃんとヤクザの厳しさとか怖さも書いてくれているのも良い

    キャラに魅力があり
    なおかつ話も面白い

    難しい漢字も言い回しもなくて、読みやすい
    これぞライトノベル

  • なんとも不思議なお話でした(笑)ヤクザものなのにそんなにシリアスでもないし緊迫感もないし。抗争が起こって周りの人が怪我したり大変なんだけど、あんまりそういうのを感じなかった。きっとそう思うのは先生の人柄ゆえなのかなと(笑)とにかく先生がユルイというのかなんかズレてる(笑)突っ込むところそこ?!っていうのが多々wwそんな先生に頭が上がらない清和が可愛かった〜。尻に敷かれてるのがおかしかった(笑)最後のあれは気の毒すぎる;

  • 先生が積極的ですごく健気だった。清和はまだ1巻であんまり喋ってないからなんとも…というかこれは1巻でもシリーズとしては3巻だったのね。どうりで最初からラブラブなわけだ!
    ショウ君と京介がすごく気に入りました!

全22件中 1 - 10件を表示

龍の恋、Dr.の愛 (講談社X文庫 ホワイトハート)のその他の作品

樹生かなめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする