VIP 棘 (講談社X文庫)

著者 :
  • 講談社
3.51
  • (12)
  • (17)
  • (48)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 174
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062558273

作品紹介・あらすじ

「この身体で、どうやって俺から離れるって?」高級会員制クラブ、BLUE MOONのマネージャーの柚木和孝の恋人は、一度は不安から逃げたこともある広域指定暴力団不動清和会の若頭補佐、久遠彰允だ。再び恋人となった現在も、和孝は不安から逃れられずにいた。久遠は執着するような男じゃない。久遠の自分に対する気持ちが冷めてしまったら?そんなある日、久遠のかつての女から連絡がきて。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • VIPシリーズ2作目です。
    受の勤務する高級会員制クラブにいつもは会員の付添でやってくる秘書が単身で訪れ、そして受の家に泊まらせて欲しいと言う。
    一方受は攻の過去の女から届いた攻宛の葉書を偶然見つけてしまい、不安に駆られることに…。

    秘書については秘書の潔くも切なく悲しい決断に心苦しくなりました。
    上総さんか聡くんか、どちらかと幸せを掴んでくれないかなぁ〜と願わずにはいられない。

    作中に「逃げ出すことは案外簡単だが、そこに留まることは難しい」という一文が出てきますが、まさにそうだなと実感する言葉です。
    逃げる、変えるために一歩を踏み出すのは勇気ですが、そこに留まるためには気力を多く必要とします。

    いやー、それにしてもラストの受の行動がいいですね。普段はあれこれと悩みまくりな受が、一度腹を決めるとヤクザもびっくりの思い切った行動に出るのが楽しい♪
    さあ次巻ではこの2人どうなるのかな?

  • 【2005年6刷!シリーズ2】再読。1巻で和孝が拾った聡が絶大な信頼を持ちワンコ(実は優秀)しているのなんか可愛い。上総と宮崎回。和孝は麻美と会い久遠の本当の思いびとを知りまたグルグルするが終盤立ち直り(開き直り?)相愛濃いエチエンド。覚悟はできたのかな。

  • 俺しか知らない身体だろう?
    VIPが集う会員制クラブBLUE MOONのマネージャー、和孝。広域指定暴力団、不動清和会若頭補佐、久遠彰允(くどうあきまさ)。追って追われる恋の行方は?

    「この身体で、どうやって俺から離れるって?」高級会員制クラブ、BLUE MOONのマネージャー柚木和孝(ゆぎかずたか)の恋人は、一度は不安から逃げたこともある広域指定暴力団不動清和会の若頭補佐、久遠彰允だ。再び恋人となった現在も、和孝は不安から逃れられずにいた。久遠は執着するような男じゃない。久遠の自分に対する気持ちが冷めてしまったら?そんなある日、久遠のかつての女から連絡がきて!?
    出版社より

  • やっぱり文章が上手い。
    安定した上手さ!
    展開にもキャラクターにも無理がなく
    冗舌なところは冗舌、シンプルにまとめるところはシンプル。
    プロの作家だ(´^ω^`) !

    主人公は不器用で素直になれない人なので、読んでいてもどかしいけど、少しずつ少しずつ自分の心に整理つけて前に進んでいくところがいいです。

  • 【原作】高岡ミズミ【イラスト】佐々成美【キャスト】柚木和孝:神谷浩史/久遠彰允:三宅健太/上総朋之:鳥海浩輔/谷崎仁志:成田 剣/宮原 肇:平川大輔/幸村 聡:古島清孝【発売日】20060725 ===== 三宅(ヤクザ)×神谷(会員制倶楽部のマネージャー)

  • ★あらすじ★

    「この身体で、どうやって俺から離れるって?」高級会員制クラブ、BLUE MOONのマネージャーの柚木和孝の恋人は、一度は不安から逃げたこともある広域指定暴力団不動清和会の若頭補佐、久遠彰允だ。再び恋人となった現在も、和孝は不安から逃れられずにいた。久遠は執着するような男じゃない。久遠の自分に対する気持ちが冷めてしまったら?そんなある日、久遠のかつての女から連絡がきて。

  • ●あらすじ●
    「この身体で、どうやって俺から離れるって?」
    高級会員制クラブ、BLUE MOONのマネージャー柚木和孝の恋人は、一度は不安から逃げたこともある広域指定暴力団不動清和会の若頭補佐、久遠彰允だ。再び恋人となった現在も、和孝は不安から逃げられずにいた。久遠は執着するような男じゃない。久遠の自分に対する気持ちが冷めてしまったら?そんなある日、久遠のかつての女から連絡がきて!?</br><a href="http://blsenka.seesaa.net/article/8119299.html" >感想を読む</A>


  • (*)こっちもプラス☆半分でお願いします。「暴れ馬」発言はこっちでした……すみません。今回は久遠さんの秘書、上総の幼なじみが登場。「麻美」さんは実在しているとは思わなかったので、まんまと久遠さん(&上総)に騙されてしまった私です。うーん、読んでないひとにやさしくない説明で申し訳ない。なにはともあれ、次回作が楽しみな作品です♪

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1999年9月商業誌デビュー。シリーズものを多く手掛ける。

「2018年 『仮面皇帝と異界の寵妃 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高岡ミズミの作品

ツイートする
×