あふれる熱のリミット (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.35
  • (5)
  • (3)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062558686

作品紹介・あらすじ

容姿・頭脳・地位、すべてを兼ね備え、大企業グループの中枢を担うことを期待されている瀧口怜史。彼を翻弄する存在は、従兄の一宮威彦ただ一人だった。彫刻家の威彦は、まるで芸術品を愛でるように身体に触れてくる-自分を見失いそうな状況に耐えられない怜史は、威彦と距離を置こうとするのだが…。「俺がどれくらいおまえに飢えてたと思う?」怜史は、彼の内に潜む熱い欲望に気づいていなかった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内輪BL。人間関係は主人公の半径5メートルくらいで終わる。

    話は、女の人の日記みたいな内容。大きな山や谷はなくて、女性が自分の中でぐちぐちと彼氏に対し悩んだり仕事でうまくいかなくて〜みたいなのをBLに置き換えたような感じ。

    文章力もあるし小説を書く力もうまいから、少女漫画の流れからすこし上がったBLを求めてる人に合うと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

「清澗寺家シリーズ」(幻冬舎コミックス)や「キスシリーズ」(講談社)など、多くの人気シリーズ、著作を持つ作家。ドラマCD化した作品も多数ある。特に名門華族・清澗寺家一族の大正時代から戦後までのドラマを描いた「清澗寺家シリーズ」は熱心な読者が多く、完結を記念して完全予約限定のファンブックが発売されるほど。

「2019年 『キッチンカー鎌倉、推して参る 再出発のバインミー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和泉桂の作品

ツイートする
×