銀と月の棺 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 : 岡野麻里安
制作 : 穂波 ゆきね 
  • 講談社 (2006年4月28日発売)
3.20
  • (2)
  • (4)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
  • 51人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062558785

作品紹介

香司との仲も順調な忍の前に、大蛇一族の当主・鏡野綾人が訪れ、自分のモデルとしての存在を消すために事故死を偽装すると告げ、指輪を託して去っていく。一方、御剣家では、教育係の毒島が、忍と香司との間に割って入ってくる。さらに忍が預かった指輪の件を香司に誤解され、二人の関係は険悪なムードに。そんな折、綾人事故死のニュースが!偽装と思い込んでいたが、綾人の"じい"に助けを求められた忍は。

銀と月の棺 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少年花嫁6巻。ワクワクの綾人メインだった今巻読み終えての綾人株は、上がっただけ落ちました…w一体、どこまでが本気でどこまでが冗談なんだか。動けなかったのは本当なんだろうけど、白雪姫ごっこ(?)をやりたいがために忍が来るの待ってた気がしてならない…w

  • 少年花嫁シリーズ6巻。
    適度に甘いシーンもあり、事件もありでさらっと読めました。

  • 六甲山、京都(羅生門)、鬼

  • 失踪した大蛇一族当主を追う忍に香司は・・

全4件中 1 - 4件を表示

銀と月の棺 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)のその他の作品

岡野麻里安の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

銀と月の棺 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)はこんな本です

ツイートする