聖夜と雪の誓い 少年花嫁 (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.32
  • (3)
  • (4)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559157

作品紹介・あらすじ

忍の身を案じて、百日百夜の清めの儀は中断された。安全に呪いを解くための方法を求めて、忍と香司は寸又峡温泉、紀伊熊野と、各地を回ることに。一方、プライベートでも、香司の勘当、複数の恋人疑惑と、二人の関係を危うくする出来事が連続する。不安で揺れ動く忍の心、執念深い鏡野継彦の陰謀、そしてなかなか解けない謎の呪いの正体。忍と香司の行方には果たして何が待っているのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 少年花嫁8巻。忍の呪いの真相に迫る。忍の側にいる、ずっと護ると言った矢先に勘当されちゃった香司にはえーってなったよね…(^q^)忍置いていって、自分は高級マンションでいいご身分ですこと。綾人の株がぐんぐん上がるよ!継彦の攫われた忍を先に助けに来た香司より、後に来てくれた綾人の方がテンション上がったからねw次巻は再び綾人のターン…わっくわく♪

  • 少年花嫁シリーズ8巻。
    忍の呪いが解けるかも・・・編。

  • 舞台は熊野へ。鏡野綾人の松浦忍への報われない純愛がせつない。継彦の悪巧みがしつこ過ぎ、方法も稚拙なのに、阻めないのがおかしい。

  • ついに忍が『男』に戻るのかなと思ったんですがまたまた邪魔されて戻れませんでした。でも私は『男なのに女に見える呪い』が結構気に入っているのでなんとかく嬉しかったですvv
    でもアトガキで残り3巻と書かれていたのでもうすぐ終わりです。
    今回は香司の浮気が発覚したり『生玉』が奪われたりといろいろ波乱続きだったんですが、あいかわらず香司と忍はイチャイチャでした(笑)二人の掛け合いが私はとても好きです(^▽^)
    でも香司が忍との事を父親に言って勘当されたんですが、忍はそのことに対し『自分が男に戻ったら香司も一時の気の迷いと思って元に戻るだろう・・。』と言ったりとどこかで忍は『男に戻った時の自分』を香司は愛さない・・と思ってたりしてます。
    忍を好きな綾人もなかなかカッコいいお方なんですが、やっぱり忍の相手は香司ですよ!!
    たぶんハッピーエンドだろうと思うんですが、ここら辺の関係も気になる所ですね。
    穂波さんの絵も素敵で小説の雰囲気を壊さずとてもいい感じですvvv

全4件中 1 - 4件を表示

岡野麻里安の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×