銀の騎士 金の狼 新たなる神話へ (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (5)
  • (6)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559171

作品紹介・あらすじ

革命の象徴であり、人々の希望でもある『金の狼』フェンリルと、『運命の少女』サラ。ふたりを中心にレジスタンスはかつてない勢力になっていた。そんなとき、失敗の許されない作戦に挑むことになる。目標は『ドールハウス』。そこにはある目的のため、少女たちが囚われているのだ!悲劇を食い止めるための戦い。それは、誰のための、何のための戦いなのか?希望と絶望の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【7】冒頭、アショクの9ページに及ぶ運命論が良い。うん、そう思うよ。
    あくまでもシリアスな話運びの中、エリアスの嫉妬が可愛いったらありゃしない。甘味成分ほとんどゼロなのに所々で、萌えるわ~♡ 本来ならレジスタンスが一丸となってユージン・キーツに対抗せねば活路を開くのが難しいのに、んな事してる場合か?オーマイガッ!ユージンの思う壺なのか!
    とうとう残すところあと1冊(涙)

  • シリーズ第7作。

    これはエリアスとサラのための一話か~という、少女漫画ちっくな一冊でした。
    フェンリルとエリアスの掛け合いが楽しい。

  • これ自体は、とても面白い。キャラクターひとりひとりの魅力もあるし、ストーリーとしてもこれぞライトノベル、という感じ。だけどこのシリーズの他作品を読んでみたいとは思えなかった。

    シリーズものとしては物語の連鎖が魅力よりも疲弊感につながってしまうような。ただそれだけしっかりした構造の作品になっているということでもある、んだろうな。

  • 神話シリーズ7作目。
    久々のラコタでほっと一息いれつつも、
    怒涛のように展開していくレジスタンスたちの動きと
    最後にはユージンが自分の欲望に忠実に動き始める。
    サラの生まれ故郷についてもヒントが出始めて、
    いよいよそれぞれ展開していた話がまとまり始めたという感じ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

榎田尤利(えだ ゆうり)
東京都出身の小説家。 一般小説を書く時は「榎田ユウリ」名義、BL小説を書く時は「榎田尤利」名義と使い分けている。
2000年『夏の塩』でデビュー。榎田尤利名義では「魚住くん」シリーズ、「交渉人」シリーズが代表作。
榎田ユウリ名義では、2007年から始まる「宮廷神官物語」シリーズ、「カブキブ!」シリーズ、「妖琦庵夜話 」シリーズ、「死神」シリーズなどが代表作となる。

榎田尤利の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×