龍の恋情、Dr.の慕情 (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 :
制作 : 奈良 千春 
  • 講談社
3.66
  • (18)
  • (27)
  • (46)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 175
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559188

作品紹介・あらすじ

「清和くんには僕しかいない。僕にも清和くんしかいないんだよ」。明和病院の美貌の内科医・氷川諒一の年下の恋人は、広域暴力団・真鍋組二代目であり、昇り龍を背負う橘高清和だ。日々成長していく清和に愛情とともに不安を覚える氷川は、ある日、清和の初めての女性の存在を知る。その上、清和の母の不穏な噂まで流れてきて。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ3作目。
    ちょこっとずつ組の周りに新キャラが増えてきた。相変わらず電子で読んでいると各キャラのイメージがつきづらいんだけど、サメくんの飄飄としているところは好きかも。苦労ばかりしている清和にはなんとか平穏を与えてあげたい…。年上の恋人のワガママにも振り回されっぱなしですし。

  • 「清和くんには僕しかいない。僕にも清和くんしかいないんだよ」明和病院の美貌の内科医・氷川諒一の年下の恋人は、広域暴力団・真鍋組2代目であり、昇り龍を背負う橘高清和だ。日々成長していく清和に愛情とともに不安を覚える氷川は、ある日、清和の初めての女性の存在を知る。そのうえ、清和の母の不穏な噂まで流れてきて!?
    出版社より

  • 今回の一番のメインは清和の母のこと、清和の初めての女性についてだったけど、その間に新キャラが出てきたり、インパクトのあるキャラも出てきたりと賑やかでした(笑)結局、あれが清和の母じゃなくて良かった〜。相変わらず色っぽいシーンが…残念;;その先が読みたいんだけど(笑)この時の奈良千春さんの絵すっごい好きかも。

  • 『龍の恋、Dr.の愛』
    『龍の純情、Dr.の情熱』
    ⇒『龍の恋情、Dr.の慕情』
    『龍の灼熱、Dr.の情愛』
    『龍の烈火、Dr.の憂愁』
    『龍の求愛、Dr.の奇襲』
    『龍の右腕、Dr.の哀憐』
    『龍の仁義、Dr.の流儀』
    『龍の初恋、Dr.の受諾』
    『龍の宿命、Dr.の運命』
    『龍の兄弟、Dr.の同志』(番外編)
    『龍の危機、Dr.の襲名』
    『龍の復活、Dr.の咆哮』
    『龍の雄姿、Dr.の不敵』

  • 男のマザコンぶりを象徴するかのような巻;氷川は自分がおかーさんになりかけてたから解らないんだろーなー。
    これから真鍋組の粘着質ブレインになる三國佑が登場。すごく可愛い表現されてるけど、イラストでは結構青年っぽいような…(大樹と比べて)

  • 清和の初めての女の存在を知った氷川の嫉妬が怖い(笑)でも、氷川と同じように、自分が氷川の初めての男になれなかったことを悔しいと言う清和。愛しくなります。生みの母親にまつわる一件が起こりますが、清和にとっては触れられたくない部分なんですね。辛そうでした。。。

  • 龍&Drシリーズ★現在も続いてます。
    奈良千春先生のイラスト最高です!

  • Dr.シリーズ3作目

全8件中 1 - 8件を表示

龍の恋情、Dr.の慕情 (講談社X文庫 ホワイトハート)のその他の作品

樹生かなめの作品

ツイートする