アンギヌムの壺 英国妖異譚15 (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 :
制作 : かわい 千草 
  • 講談社
3.97
  • (14)
  • (6)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 87
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559263

作品紹介・あらすじ

「アンギヌムの壺」を見つけた者が後継者-という不可解な遺言書。オスカーは顔も見たことのない実父の家の遺産相続争いに巻き込まれていた。一方、聖ユコラウスの日のプレゼント交換会の話題でもちきりのセント・ラファエロ。だが、ユウリはオスカーが襲われる夢や頭に載っている壺が見えてしまい不安をつのらせていた。呪われた血にユウリの誓願が響く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。

  • キャラ紹介でシリトーが「5年生」と表記されているw 
    プレゼント交換のクジ(裏操作があったのか?!)、オスカー父の謎、壺、蛇、卵、羊の枕w、

  • 2010年3月1日読了

    今回はオスカーが中心すぎて、メインの3人の出番は少なめ。問題解決にだけ乗り出した…ってくらいかな。

    しっかし、今回だけはアシュレイも大人しくしているんだろうとか思ったら、そんなことなかった(-_-;) そうだよね、あいつにそんな殊勝なことできないよねorz
    後半、問題解決するだけーってな場所にぽんと出てきてユウリをかっさらうという…。なんか現地に乗り込んで、アシュレイは役得なような気が…(-"-) ユウリが本気で怯えてるとすっかり良い人になっちゃうのねん(笑)

    オスカーもユウリの力ににわかに気が付いているようですが、シモンの言う通り、生来のオカルト敬遠っぷりがそれを根底で否定している模様。それを、きちんと受け入れる日がくるのか…?それ以前に無自覚な霊媒体質って迷惑以上の何物でもないよねwww さっすがオスカー、只者ではないな!!><
    さりげなくオスカーを気遣うセイヤーズのツンぷりも最高でした。セイヤーズは可愛すぎる!!

    今回はシモンがあまりユウリとイチャイryできなかったのが心残りですorz
    あ、あとね、シリトーが可愛い!ああいう大物っぽい子好きですwww

  • 現在18巻まででています。
    その中でこの表紙画がいちばん好きなので代表に。
    ユウリが強く頼もしい上級生で崩れ折るオスカーっていうのも新鮮な画

  • オスカー・スペシャル。もれなく銀縁眼鏡の方もついてきます。本筋とはあまり関係なさそうな外伝要素の強いお話でしたが、まとまりもよく楽しめました。

  • すんごいシリアスな表紙だったんで、オスカーがどうなってしまうのか心配になりました;無事で良かった!

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

4月9日生まれ。神奈川県在住。2001年「英国妖異譚」で講談社ホワイトハート大賞優秀賞を受賞しデビュー。大ヒットシリーズとなる。そのほかに続編の「欧州妖異譚」シリーズ、「ホミサイド・コレクション」シリーズ、「よろず一夜のミステリー」シリーズ、「御堂学院の神使官」シリーズなどがある。また、香谷美季のペンネームでは、児童書「あやかしの鏡」シリーズなどの著作がある。

「2018年 『横浜ゲートウォッチャー 新米天使のお祓い日誌』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンギヌムの壺 英国妖異譚15 (講談社X文庫 ホワイトハート)のその他の作品

篠原美季の作品

ツイートする