猛れ、吹き荒ぶ沖つ風 幻獣降臨譚 (講談社X文庫 ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (1)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559430

作品紹介・あらすじ

ついに、『禁じられた秘庫』を見つけだしたアリアだが、そこで知った意外な事実に苦悩することになるとは思いもよらなかった。しかしアリアの前には、新たに得た友、騎士団の中の見えざる敵、そして、ほのかな恋心が。進むも危険、留まるも危険-迷う少女に、いま、謎の海賊団が襲いかかる!風雲急を告げる『幻獣降臨譚』シリーズ第四弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 敵国との戦闘がメインだったでしょうか?
    アリアちゃんは始めて、自分の幻獣を使うも、制御できずに大惨事に。
    この巻は後々までかなり影響を残していますね。後になってみれば、ここがターニングポイントだったのかな?

全1件中 1 - 1件を表示

本宮ことはの作品

ツイートする
×