十二夜に始まる悪夢 英国妖異譚(16) (講談社X文庫)

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (10)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 85
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559669

作品紹介・あらすじ

恒例の新年のお茶会で行われる「豆の王様」ゲーム。金貨の入ったケーキを引き当てた者が、一日総長の座に就くという楽しいゲームのはずだった…。が、ユウリに渡るはずだったケーキを代わりに受け取った下級生は、中世の騎士の亡霊に憑かれてしまう。一方ユウリのケーキには、乾燥したソラマメが…。ユウリにも伸びる魔の手!!ソラマメの意味は?シモンの力が必要な悪霊払いとは…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了。

  • オスカーがだんだんと重要人物に…

  • 豆の王様(金貨と陶磁器と豆)、ボート注意報、毛皮コートのアシュレイ(101匹わんちゃんを思い出してしまったw)、若枝の騎士団、バフォートの試練、ロジャーの悪夢、トンプソンの試練、弟子オスカーと理事(代)アシュレイは次巻へ続く!

  • 2010年3月7日読了

    読むペースが格段に落ちている…(;一_一)
    そして、タイトルの後の番号を見ると落ち込む…orz もう次が17とかなんて嘘だあああ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
    しかも、シモンとの距離が開いていく…今まであんなべったりだったのに、急に遠くになっちゃった感じがするよ!!>< ひとつひとつのコミュニケーションは相変わらずなんだけど、そこにあるシモンの嫉妬心なのか、ユウリの自立心なのか知らんが存在が遠いんだよなあ…(ノ_<)。

    そんなわけで、最上学年に上がってからの話の歩みが結構スローリーです。だからこそ、余計に今後が怖いんですけど…。いっそ、もう、この話をBLにしてもらえませry(黙れ)
    シモンとユウリの関係よりアシュレイの方が…とか思うんですが、回を増すごとにシモンの独占欲的な物が強くなって全面に愛情が出てくると「もう相手はシモン以外はないな!」と思わせられる。これが貴公子の罠か…!(笑)
    そんなわけでこんな短期間にひとつのシリーズにどっぷりってのは久しぶりなので、まさしく懸想しかかってる自分がいる(爆)もういっそ二次創作でもやるか?やっちまうか??でもあの洗練された貴公子を書ける自信は皆無だがな!!<(`^´)>

    ストーリー的にはとうとうバフォートがリコールされましたね。
    いつ彼自身に身勝手さの報いが来るのかと思っていましたが、キターー\(^o^)/ まあ、バフォートの身勝手さって言うのは、いっそ清々しいほどのものなんだけれども。矛先がユウリに向くと、読者的にはイライラしっぱなしなので慈悲深いユウリの考え方には賛同しかねてしまう。本当、ユウリは包み込むような優しさがあるよね。今後はバフォートどうなんのかな。ただのあて馬みたいなもんだったのかな?

    次巻ではまたオスカーがフューチャーされるわけですが、彼は霊的な物を何かしら見ているにもかかわらず、さりげなく使役されている所に毎度「おいおい(;一_一)」と思わずにはいられないww 理性的な面が出ちゃって、霊的な類のせいとは思わないんだろうなー。それ以前に触媒的な体質だっての理解してないしな(ーー;) 今回、オスカーを無意識レベルで動かしていた人は誰なんだろう?湖の貴婦人は知り合いみたいな言い方してたけど…?結局最後まで名前は出なかったなあ。話の流れから、その土地の女神ってことになると思うんだけど…。また出てくるのかな?

    とにかく終らせたくなくてのろのろ読んでしまうので、叱咤して頑張って読もう><

  • 豆の王様。
    297ページの挿絵、好きvv

  • 理事会に怪しげな狸たちが大集合で、暗雲立ち込める学園。
    そんな中、ユウリ争奪戦で順当に駒を進めるオスカーと(無意識に働く力ってのは大きいね)、出遅れ気味なオニール。
    そのうち、“遠い親戚のお兄さん”ことセイヤーズにも追い越されてしまうよ…。
    (私的にはその方がアリですが。)
    頑張れ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

横浜市在住。「英国妖異譚」でホワイトハート大賞〈優秀賞〉を受賞しデビュー。シリーズ化され大人気に。主人公たちの成長に伴い、パブリックスクールを卒業した後は「欧州妖異譚」シリーズとして書き続けられている。その他ホワイトハートでは、「セント・ラファエロ妖異譚」「あおやぎ亭」がある。「ヴァチカン図書館の裏蔵書」シリーズ(新潮文庫nex)、「琥珀のRiddle]「倫敦花幻譚」シリーズ(ともに新書館)ほか著作多数。

「2021年 『サン・ピエールの宝石迷宮』 で使われていた紹介文から引用しています。」

篠原美季の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×