巫祝の系譜 鹿鳴館のアリス (講談社X文庫ホワイトハート)

著者 :
制作 : 宝井 理人 
  • 講談社
3.18
  • (1)
  • (0)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559683

作品紹介・あらすじ

藤原不比等の末裔に、稀に不可思議な能力を持って生まれる「呪われた自然力を持つ子羊」、通称アリス。小宮山悠季も『八将神の扉』として、特殊な能力を持つアリスだった。自分の運命を信じられない悠季。だが、その力を利用しようとする何者かに襲われる。悠季を護るための異能を持つ大徳寺明煕との関係、行方不明の悠季の母、悠季を狙う組織、もつれた糸は解けるのか?いよいよクライマックス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館。
    前作の「鹿鳴館のアリス」を読んだのがだいぶ前だったのですっかり内容を忘れながら読みました(おい)
    ラストがちょっと物足りない感じがしました。

  • なんだか良くわからない終わり方だった気がします。
    大人の事情で詰め込みすぎたというのもあるでしょうが、少々消化不良な印象が。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

宮乃崎桜子

宮乃崎桜子の作品

ツイートする