魍魎の都 姫様、出番ですよ (講談社X文庫ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.08
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559690

作品紹介・あらすじ

時は平安-遷都から二百年近い時を経た都では、物の怪や百鬼夜行が徘徊するようになっていた。六十日に一度訪れる庚申の日に、「宵庚申」と呼ばれる徹夜の宴が催されるのが、貴族の間で流行していた。が、著名な歌詠みの父を持つ諾子は、お誘いがかかって憂鬱だった。なぜなら、今回呼ばれた先は、右大臣の邸というとんでもなく大層な処だったからである-。平安らぶこめ妖異聞、のほほんと開幕。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『されど〜』の本編。
    絵が変わりすぎていてびっくり(笑)
    お話は平安時代の信仰の状況がきっちり書いていて満足でした(平安時代史専攻の人間としては)

全2件中 1 - 2件を表示

本宮ことはの作品

ツイートする
×