白の火焔―恋語り (講談社X文庫―ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
3.27
  • (1)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559935

作品紹介・あらすじ

大皇に仕える三大武家のひとつ、律家の一人娘である火焔は、十八という娘盛りでありながら、武士として大内裏に勤める。そんなある日、皇太子の綾白と出会う。人望の厚かった前大皇の子であるがゆえ大皇に私怨を抱かれながらも屈せず生きる綾白に、心惹かれていく火焔だが、綾白擁立を願う者達から大皇への謀反が起こる。律家の娘として大皇を守るのか、綾白皇子への心を貫くべきか-その愛に、火焔が下した決断とは-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  今度は、皇太子のお話。

     そして、主人公は、男装の麗人☆
     ……いや、思い切り男装してる訳ではなく、男の人と同じ仕事をしているのでその格好が男の格好、なだけなんですけどね。
     それでも男前なことに違いなく。
     そんな男前な火焔が個人的には、よかったです。

     もうずっと、男装の麗人って僕の憧れなんですけど。
     どうしてこう、また、中二っぽいのが好きなんだろうか……orz(苦笑)
     でも、男装の麗人も、ラノベの定番だよね!(こら待て)

     大好きだけどさ!

     ただ、この話。
     最後に一つ事件があって、二人が離れ離れになってしまうんです。
     そして、再び、会うんですけど……。
     火焔には記憶がなくて……ってところで終わるんですよ!

     で、そっから二人の描写が距離を置いた描写になってて!
     どうせなら、二人のラブラブなところ見たかった! ってなりました。

     もちろん、作者さんがあえてここで終わらせてあるのはわかるんですけど、ここまで、大変な目にあった二人なんだから、もうちょっとラブラブさせてあげてもいいと思うんだ! と主張したい(笑)
     まぁ、余計なお世話でしょうけどね……。

     でも、結局、最後まで火焔はかっこいいままだった辺りが、終わりとしてはとっても良かったと思いました♪

  • 「責任」という言葉は重い。でも火焔にとってのこの言葉の重さは段違いだと感じた。
    大切な「家」のために好きでもない人と結婚しなければならない。やりたいこともできない。理由は自分の行動で家が潰されてしまうから…。
    また、綾白の立場も辛い。
    大皇になれる立場。でも今の大皇からうとまれ傷つけられる。でも、周りからは大皇になれと言われる。
    2人はどうすればいいのか。自分のことだけ考えて決めるわけにはいかない。そんな2人が、少し悲しかった。でも、お互いのことをここまで好きになれるのは幸せなのかもとも同時に思った。

  • 〈恋語り〉シリーズ2作目

全3件中 1 - 3件を表示

青目京子の作品

ツイートする
×