龍の灼熱、Dr.の情愛 (講談社X文庫)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (16)
  • (31)
  • (30)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 164
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062559966

作品紹介・あらすじ

明和病院に美貌の内科医として勤める氷川諒一には、年下の恋人がいる。それは暴力団・眞鍋組二代目であり、昇り龍を背負う橘高清和だ。おむつをしていた頃からの清和を知っている氷川にとって、彼は可愛くて仕方がない存在だ。清和のいない日々はすでに考えられず、離れていた間、どうやって生きてきたのか不思議なほどだ。そんなとき、清和の暗い過去が脅威となって氷川に襲いかかってきて…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • みんなで温泉旅館に行くくだりでの、氷川のヤキモチっぷりは常軌を逸していないだろうか…?いくら見た目美人だとしても、ここまで見境なく嫉妬を見せられたら、いい加減清和もうんざりしないかな?それも、今のことじゃなくて過去の相手に対してだと、弁解しようもないじゃん…。っていうワガママっぷりを発揮していたからか、物語の最後ではけっこう痛い目に遭ってしまった氷川。氷川自身よりも、守れなかった祐くんの方が責任感じてそうで心配。。

  • 明和病院に美貌の内科医として勤める氷川諒一には、年下の恋人がいる。
    それは暴力団・眞鍋組二代目であり、昇り龍を背負う橘高清和だ。
    おむつをしていた頃からの清和を知っている氷川にとって、彼は可愛くて仕方がない存在だ。
    清和のいない日々はすでに考えられず、離れていた間、どうやって生きてきたのか不思議なほどだ。
    そんなとき、清和の暗い過去が脅威となって氷川に襲いかかってきて…。

  • 前半は温泉行ったり先生が嫉妬の炎を燃やしてたりと、わりとのほほんとしてたのに、後半一気にシリアスモードへ。これまで明らかにされてなかった藤堂組との関係や清和が二代目を襲名することになった経緯もわかったりと濃い内容でした。とにかく、先生が無事で何よりでした;;でもこの展開は、読んでてハラハラしつつドキドキワクワクでしたw危機一髪で助けが来るっていうのがもう…!(興奮)次は藤堂組と戦争なのかな。

  • 『龍の恋、Dr.の愛』
    『龍の純情、Dr.の情熱』
    『龍の恋情、Dr.の慕情』
    ⇒『龍の灼熱、Dr.の情愛』
    『龍の烈火、Dr.の憂愁』
    『龍の求愛、Dr.の奇襲』
    『龍の右腕、Dr.の哀憐』
    『龍の仁義、Dr.の流儀』
    『龍の初恋、Dr.の受諾』
    『龍の宿命、Dr.の運命』
    『龍の兄弟、Dr.の同志』(番外編)
    『龍の危機、Dr.の襲名』
    『龍の復活、Dr.の咆哮』
    『龍の雄姿、Dr.の不敵』

  • 組長が腹心の部下3人と姐さん+客人連れて温泉旅行へ。
    まぁ面白かったけど、ショウと京介のエピソードは読めば読むほど京介が不憫になる;
    最後は氷川の身に危機が!

  • この巻の後半から始まる藤堂編が面白い。
    相変わらず先生の頭が弱いかんじだけど、
    だんだんこの辺から本気出してます。

  • 相変わらず嫉妬で夜叉になる氷川ですが、清和がこれだけモテると聞かされると、さすがに私も心中穏やかじゃなかった(笑) でも前半のこの嫉妬エピソードがあったから、終盤の「浮気してもいいから戦争はしないで」という願いがより一層切実に感じました。

  • 龍&Drシリーズ★現在も続いてます。
    奈良千春先生のイラスト最高です!

全8件中 1 - 8件を表示

樹生かなめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×