魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫)

  • 講談社
3.68
  • (37)
  • (53)
  • (86)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 547
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062560078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本における分析心理学の第一人者である、河合隼雄さんと、谷川俊太郎さんの対談集。
    内面を探るための様々な手法「夢」、「箱庭」、「ロールシャッハテスト」等、それは、自我コントロール下にある覚醒時ではなく、自我コントロールが弱まってい状態時に本来の内面を探ろうとする取り組み。アルコールや麻薬、脳の機能の一部が失われることに伴う幻覚で夢とは仕組みが違う。
    日本人は西洋人にくらべ、みんな依存するのが好きであり、依存と独立のバランスが重要。

    『病気は個人の問題なんだけれども、ほとんどみんな社会的なひずみをせおっていると思うんです。』p236
    『ぼくが憂鬱になっているということは、ぼくの心の中で何かのうごきが止まって動かねばならないところが動いていないわけです。』p240

    ところで、今日昼寝をしている時、「デパートで素っ裸、慌ててトイレでシャツとパンツをはく」という夢を見たワタクシ。その深層心理がキニナル

  • もう5月くらいに読み終わってるだろう本・・・
    いろいろ忙しくて感想アップが遅れております(苦笑)

    河合氏、谷川氏の対談のような形で進んでいく本です
    お二人とも似た考えの持ち主なのか、途中「これはどちらが言ってるの?」となるほど(笑)
    一回読んだだけじゃ、なかなか理解は難しいですわ

    今回、付箋が付いているところを抜き出してみると・・・

    ・心理療法家として患者に向ける理論の刃は、とりもなおさず治療家自身に対しても向けれていることを
     しばしば強調します(p3)

    ・治療者となる者は自分を知ることが大事だから、みずから分析を受けなければならないと書いてあった
     わけです(p26)

    ・治るときは誰しも苦しい歩みを続けるのだから、そこに付き添う人があることは測り知れない大きい
     意味を持つのです(p67)

    ・その人の隠されている自己治癒力というんですか、いわばそれに対して大変な敬意を表しているんですね(p68)

    ・自己というのは自分のものであって、なおかつ開かれているものでしょう。ある一人の心の中に自己治癒の働きが
     生じるということは、周囲の人にも何らかの変化が生じているわけです。つまり一人だけが変わるということは
     あり得ないので、家族が変わる、先生が変わる、あるいはクラス全体が変わるというようなっことが実際に
     起こってくる(p239)

    ・ぼくはそういうネガティブな感情も、あるものはあるとして率直に受け入れる方が、全体としての
     インテグレーションがうまくいくんじゃないかと思っているんです。だからネガティブなものもポジティブな
     ものも同時に働かせながら、どう全体として統合するかが問題なんじゃないでしょうか(p244)

    ・ぼくは心理療法を学ぶ学生によく言うんです、どんなにおもしろくないことからでもおもろいことを見つけだす
     才能がわれわれには要ると。ぼくらが会う患者は、いつまで経っても一進一退の症状のまま一年以上もほとんど
     変化がないという人が多いでしょう・・・中略・・・そういうふうに、ぼくは自分の心を生きたものにすると
     いうのをしょっちゅうしています(p304)

  •  日本の心理学者の中でも著名なユング派河合隼雄氏と詩人の谷川俊太郎氏の対談集。
     この二人を対談させようと考えた人に金一封。肩を抱いて赤提灯の下で熱く語り合える気がする。
     なんて素敵なチョイス!
     濃いよ、ホント濃い。
     物事は突き詰め過ぎると、いつしか物凄く簡略化されていく・・・っていうのの見本みたいだ。
     特にこの世界の第一人者、的な二人が揃って話しているわけで。
     お互い常人には測り知れないところがアベレージなわけで。
     もうそこに行きつくのは無理だよなあって達観して読むと割とあっさり頭に入ってくるから不思議。
     学者と詩人という、言葉や心理面においてカテゴライズする側とされる側って組み合わせも面白い。
     小学校の頃に心理学というものを初めて知ったのは河合氏。
     谷川俊太郎の詩は教科書に載ってて詩集を初めて手に取った詩人。
     そういう意味では私にとっては特別な二人。
     谷川ファンには嬉しい詩の分析もあります。ただ心理学を学問でユングだフロイトだと語るのが嫌いな人は難しいかも。
     私はフロイト嫌いだけどね(笑)

  • 谷川さんがとても率直に河合先生に尋ねているのでわかりやすい。
    今は少し理解できるところも増えた。実践を重ねればもっと深まっていくのかもしれないけれど、それはなんだかまだ覚悟ができないなぁ、という気もする。

  • 図書館で。実は河合隼雄さんの本って読んだことないな、と借りてみました。

    グレートマザーが戦時中天皇陛下であった、というくだりはなんだかすごく納得しました。生かすものであり殺すものである、かぁ。
    自我と自己というのも難しいですね。自我があるから自己があるような気がしますが自己というものが選んだからこその自我なのか。考えると色々ドツボにはまりそうです。
    そして谷川さんの受け答えも深いなぁ。創作する人はここまで自分の魂に入りこんでいかないとイカンのかぁとも思いました。どちらにせよ両人ともただものではないですね。(いや、実際ただの人ではないんですけれども)
    面白かったです。

  • つまずくこともある。病むこともある。自分の内にありながら、どこかとらえどころのない人間の心。“魂の医者”カール・グスタフ・ユングがひもといた人間心理の謎を、日本を代表する“こころの専門家”と“こころの表現者”が、深い独自のまなざしでたどり、見つめなおす。魂の根源に語りかける名講義録。

  • 立ち止まって死について考えてみる。そんな機会は日常では中々ないから、こういう本を手に取って、魂について考えてみる。心理学でその人の事がよく分かるという。そうだろう。人間は、思っている以上に単純な反応で構成されている。しかし、この本は、何をしたいのかが、よく伝わらない。

  • ざっくりとしてわかりやすく、河合さんがご自身のしている心理療法のベースとなるユングの考えや経験、ご自身の所見などを語っていきます。谷川さんはあくまでわき役として、質問を投げかけていきます。

  • これも「ユング心理学」と並行して読み進めました。谷川俊太郎との対談の中でユング心理学と解きほぐしている。

  • ユング心理学の権威である河合隼雄氏と、詩人の谷川俊太郎の対話という形式で進められる本。

    ユングの心理学について学ぶことができます。
    自分自身の深いところや、死生観についても共感を受けました。

    谷川俊太郎さんの詩の解釈もとても見事です。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

河合 隼雄(かわい はやお)
1928年6月23日 - 2007年7月19日
兵庫県多紀郡篠山町(現・篠山市)出身。京都大学名誉教授、国際日本文化研究センター名誉教授。文化功労者。元文化庁長官。1952年京都大学理学部数学科卒業後、京都大学大学院で心理学を学びつつ、数学の高校教諭を兼業した。
天理大学で助教授時代にユング研究所に滞在し、ユング派分析家の資格を取得。日本における分析心理学の普及と実践に邁進。箱庭療法導入者としても知られる。欧米の心理療法を日本文化に根ざす仕方で導入を試みており、日本論・日本文化論の著作も多い。
主な受賞歴に、1982年『昔話と日本人の心』で大佛次郎賞、1988年『明恵 夢を生きる』で新潮学芸賞、1992年日本心理臨床学会賞受賞、1996年NHK放送文化賞をそれぞれ受賞。1995年紫綬褒章、1998年朝日賞、2000年文化功労者顕彰。
なお2012年に一般財団法人河合隼雄財団が設立されており、そこで本人の名を冠した「河合隼雄物語賞・学芸賞」が設けられている。

魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫)のその他の作品

河合隼雄の作品

魂にメスはいらない ユング心理学講義 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする